ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで温度調整できるスマート・マグボトル「Yecup」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飲み物を温め、飲み頃になったらスマホで知らせてくれて、しかもスマホのバッテリーチャージもできる。

そんな未来のスマート・マグボトルの開発に注目が集まっている。

・スマホで温度管理

「Yecup」の使い方は簡単。普段水筒を使う要領で、飲み物を入れる。

付属のアプリを立ち上げると、スマート・マグボトルの温度を表示。“Keep Warm”(保温ボタン)を押すと、そのままの温度に調節してくれる。

また、忙しい朝は温かい飲み物を作っている時間もないもの。

そんな時は、水とティーバックを「Yecup」に入れ、スマホから“Boil(沸騰)”ボタンを押せば、中の水を沸騰させてお好みの温度のお茶が出来上がる。

・今なら80ドルでスマート・マグボトルを

本体はダブル・ステンレス製。現在アメリカで特許出願中のテクノロジーを使ったスマート・マグボトルだが、もちろん万全の防水加工で、洗って清潔に保つことができる。

なんと、水筒としての機能だけでなく、スマホのバッテリーチャージャーにもなるので便利だ。

IndieGoGoで4万ドルの資金目標を立ち上げ、約60%の出資が集まっている。

販売予定価格は150ドルだが、今なら80ドルで全世界に向けて送料無料で届けるプランが人気だ。

発送予定は11月。今年の冬はスマート・マグボトル「Yecup」で、常に温かい飲み物を持ち歩けるのかも。

商品化されれば、新しいスマート家電として人気商品になりそうな予感だ。

Yecup

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP