ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#19 鉱物

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国内外の方々で拾ってきた石が、我が家には多い。海、山、川、などエネルギーが高い場所から拾ってくるのだが、それらを時々手に取っては愛でている。
 その手触り、重み、温度、湿度に触れていると、自然に目を閉じて、ちょうど瞑想をしているような気分になる。さらに聖者に手を引かれて、魂の故郷へと還っていくような安堵感すら覚える。例えるなら、かぐや姫が従者に添われて月に帰る時のような切なさと美しさ。そんなものに浸るひと時は、日常の茶飯事から、すっと遠のかせてくれる。
 行く先で、石を拾う。
 これが習慣化したのはいつからだろう。学校へ上がる前から石への愛着はすでにあり、小さかった手には、宝物のように握られた石があったことを朧げに覚えている。
 そういえば、歩き始めた子供の拳の中から、小さな石が出てくることはよくある。公園や空き地でよちよちと歩き、手をついた時にたまたまあった石を握っては離さずにいる。何でも構わず握ろうとしているだけだとしても、握り心地の良さは知ってのことだろう。人と石は本来相性が良いのだと思う。
 私は、行き先でよく歩く。水辺や神社仏閣、森へと入り気に入った石を見つけ、その土地と石自身に許しを得た後で持ち帰らせていただいている。
 古今東西の民族的、宗教的な教えでは、石をはじめ、土地の物をやたらに動かさない方が良いとしている。私の行為は、それらに反しているかもしれない。
 だが、こう考えてもいいのではないかとも思う。
 ひとつは時間軸を拡大すること。
 地球は動いている。これは自転、公転のことではなくて、地殻活動のことだ。生き物として地球を大きく捉えた場合、何一つとして同じ場所にあるものはない。人類の歴史中の一たかだか一個人としての人間の時間軸ではなくて、地球のそれで計れば、石も移動している。時に岸壁から崩れたり、隆起があったり様々な動きがある。
 もうひとつは、実は人は石を移動させることをあらゆる文化の中で常に行ってきた。もちろん現在もだ。
 それは貴石を例にあげれば十分だろう。装身具の一つとして、石を磨き上げ、身につけることは、石を移動させていることに他ならない。
 これらが言い訳に聞こえなければいいのだが、自分はこのようにして、ある教えから自由になって、行き先で石を拾っている。
 とはいえ、やたらめったら蒐集しているわけではなく、また、どこへ行っても必ずというわけでもない。
 分かりやすく言えば、石と目が合った時には、まず何かしらの縁があると思うので手に取る。そしてゆっくりと向き合う。話しかけることも多い。その中で、この石は連れて帰るべきだと強く感じたら、はじめてそこで、その土地とにも語りかけ、許しを頂いてから、共にさせてもらう。
2ページ目につづく

 石と共に旅をする。
 私は、とてもこれを楽しんでいる。
 ポケットの中でしっかりとした重みを感じながら、時々手を入れて触れつつ共に行くことは、一人旅が多い私には素晴らしいパートナーを得た以上の何かがある。
 これが乗じて、今ではとある個人的なアートプロジェクトを始めている。
 アースウィービングという仮名で、たった一人で行っている平和活動なのだが、行き先で出会った石と石を繋いで、地球を織るように石の線を広げていくプロジェクトだ。
 もう少し説明すると、例えばある山で出会った石を拾った場所で撮影し、宇宙の平和を祈る。その石をいったん持ち帰り、今度は次の旅先へと連れていき、その旅先で出会った石と触れさせて2ショット撮影をする。そこでもまた宇宙の平和を祈る。前の旅から持参した石は、そこで出会った石と入れ替わってもらい、その場に置き去られる。新たな石は持ち帰り、次なる旅へと連れて行かれ・・・。ということの繰り返しを重ねていく。
 これは思いのほか想像力を広げてくれる。
 沖縄の石が、ガンジス河の岸に置かれ、ガンジスの石が、東京の路上に置かれていくのだから、まさに石で地球を織っている感覚だ。
 試しに一度やってみてはいかがだろう?旅の楽しみの一つが加わると思う。そして出来たら、石を持ち帰る時には、平和を祈ってほしい。多くの人が石や土地などの、ゆったりとした対象に祈り始めたら、その波動がきっと大きな伝播力を持つと信じている。
3ページ目につづく

 また、石を頻繁に手にすることで、石からのヒーリングも受けられる。
 石とヒーリングの関係については、すでにパワーストーンなどの概念から多くが語られているし、それについては、書籍やネットで詳しいので、ここでは触れないが、私個人としては実はそういうパワーストーンに対しての知識と好奇心はそう豊かではない。
 実際、学術的、一般呼称に限らず、私は石の名前をほとんど知らない。各パワーストーンが持つ効用の違いなどにいたっては、恥ずかしいほどの浅学である。
 それでも私は強く鉱物に惹かれている
 その理由は簡潔で、鉱物に親しむことで、宇宙が身近に感じられるからである。
 東急ハンズで隕石を買ったことがあるが、隕石も地球上の石も、私には兄弟のようにしか見えない。どちらも宇宙の断片である。
 そもそもこの世の全ての物は、宇宙の断片だと思う。勿論そこには人類も含まれている。  
 そしてちょっと分かりづらいかもしれないが、断片は全体でもあると、私は感じている。私というのは宇宙の構成要素だとも言えるが、宇宙全体だとも言える。これは感覚的なことなので、説明が難しい。論理的には無理なのだが、私には宇宙とは、空の上にある星々の間に広がる闇のことだけを指すものではない。目の前の鉛筆の一本が宇宙なのであり、私の欠伸や、思い、過去や未来の出来事、全てが宇宙なのだ。
 ビッグバンを始点とした膨張する宇宙観というのも私の実感とは違っている。中心と周辺という発想がそもそもなんだか違う気がするのだ。
 石に触れると、それらの宇宙をめぐる混沌とした様々な考えから解放され、私の場合は、全ては断片であり全体であるという実感を得られる。
 そして宇宙に関してはこうも思う。
 宇宙とは、あなたの中心のことである。
4ページ目につづく
 

 まあ、込み入った話はともかく、なんとなく、石は宇宙っぽい気がしないだろうか。
 要は石をきっかけに、自分と遠い存在に思いを馳せることで心の及ぶ範囲が広がり、日々の些細を客観視しやすくなる、というのは一つの大きな効果だろう。
 少し前の話になるが、山梨県の塩山に水晶堀りに行ったことがある。水晶って掘れるの?と読み返した人なら、是非行って欲しい。
 そこは一昔前に、実際水晶を掘っていた言わば鉱山である、今はすでに廃鉱となっているのだが、それでもスコップで掘り返せば、小さいものなら出てくると思う。
 手の平でキラキラ光るその鉱物は、おそらく億年レベルの歳月を土中で暮らしていたに違いなく、それがある人間によって初めて太陽に出会ったのだった。おそらくその時に掘り出されなければ、さらに次の億年が過ぎていただろう。
 私は、塩山での水晶堀りで、幸運にも、鉱物と人間との出会いを意識できた。それは大げさではなくて、お互いにとって奇跡のようだった。
 私の中で、人間を中心に据えた時空間の概念が曖昧にされ、かといって鉱物のそれに合わせるでもなく、ただ全てのものそれぞれに適した軸があって、どれもが間違いではないと思えたことが、とても新鮮だった。
 かの宮沢賢治も鉱物マニアだったと聞く。それは学術的な探究心を伴ったもので、それは土へ、やがて農業へと繋がる紐の端であった。
 石とヒーリングの関わりについては、宇宙を想起させるような、遠くへと誘う何かと、石が持ち得る強いエネルギーの二点にポイントがあると思う。
 心身の不調の原因を、自分を掘り下げていくことで追求する一方で、癒しというのは、その自分をとことんまで知ろうとする拘束から一旦自由になって、他者他物への好奇心を深めることで、癒されることがあると思う。
 原因探しというルートから外れて、自分を心地よくリリースしてくれる何かを身近に添えておくことは、ヒーリングの別の扉である。
 鉱物は、一見すると人からとても遠い存在だ。固く不動に見えるその様子から、ゼロを思いがちだが、動かずに存在するというのは、巨大なパワーがなければ不可能だと私は思う。
 存在への巨大な力があるからこそ、朽ちたり、消えたりせずに、その質量を保てるのだと思う。
 そのような鉱物の計り知れないエネルギーは触れることや、身近に置くことによって得られる。鉱物から、得られるものは膨大だと思う。
 週末には、近くの公園や河原などに行って石に注目してみてはどうだろう?想像以上のバリエーションに驚くかもしれない。幸運にも相性の良い石が見つかったら、試しに一週間ほどテーブルの上などの目立つ場所に置いて一緒に暮らしてみるといい。
 石は言葉を持たないが、語っている。それを感じることがあなたの何かを大きくしてくれるはずだ。受け皿を大きくすることは、ヒーリング力を強めてくれる。容積が大きければ入ってくる毒もすぐに薄まり、排泄されてしまうだろう。
 ちなみに我が家のリビングには、沖縄の辺戸岬から来ていただいた5キロほどの石が置かれてある。小さい石だと思って掘ってみると、意外と大きかった。
 先日我が家を訪れた友人が、すぐにその石に目を止めて、いい石だねーと感心してくれた。
 そういえば、屋久島でばったり再会した人がいて、彼女はとある東京の飯倉にあるデザイン事務所に勤めていたのだが、現在は辞めて屋久島に移住し絵を描いて生活している。その彼女が、私が島を出るときに、土の中から見つけたという水晶を渡してくれた。
 結構石と暮らしている人は多いのかもしれない。
(つづく)

※『藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」』は、新月の日に更新されます。
「#20」は2015年8月14日(木)アップ予定。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP