ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

語学学習は読書で!本を選ぶときに使える「5 Finger Test」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
bb6a2e019048315c4a16b416a94285b7_s

Photo credit: Photo AC

こんにちは、TRiPORTライターのSeinaです。
現在私は家族と一緒にシンガポールで暮らしています。子供はインターナショナルスクールに通い、英語を学びながら学校生活を送っています。本人の努力、先生のご指導、そして多くの人に助けられ、今はコニュミケーションが問題なく取れるレベルまで英語力は向上しました。

スクールでは「単語を◯回書く」というような宿題はほとんどありませんでしたが、「本を読む」という宿題はとてもたくさん出ました。本を読めと言われても、何を読めばいいのやらと悩んでいると、先生が「5 Finger test」をおしえてくれました。これは読む本を選ぶときに使える簡単なレベルチェックテストです。英語の読解力を上げるための指針として一般的に広く使われるものだとか。そして実際に試してみると、とても合理的なものだったのです。

「5Finger Test」をやってみよう

テストの内容はどんなものなのでしょう?  簡単な訳をつけてみました!
——————
To check the reading level of your book, take this simple test:
(あなたが読む本を選ぶときにレベルチェックするために簡単なテストをしましょう)
Open the book to the middle and choose any page to read.Read the page (aloud if possible).
(本を開いて任意のページを(可能なら声を出して)読んでみましょう)
Put out 1 finger for every word you do not know or cannot pronounce.
(あなたが知らない、または読めない単語を見つける度に指でカウントしましょう)
If you do not get any fingers up, but are reading very slowly and decoding almost every word, you will not enjoy the book.
(もしあなたが1つもカウントすることがなかったとしても、その本をすごくゆっくり1つ1つの単語を翻訳しながら読むようでは、あなたは本を楽しめないでしょう)

42fcb92ac6e6da5060364559bec20a6f_s

Photo credit: Photo AC

Here’s the finger guide:
ここでの指のガイドは下記の通りです。

1 Finger: This book is o.k. for you.(その本はあなたにふさわしい)

2 Fingers: Still good.(その本はあなたが読める本です)

3 Fingers: Could be a bit hard for you to understand.(理解するにはちょっと難しいかも)

4 Fingers: Will be too difficult to read and understand.(読んで理解するようになるのはかなり大変です)

5 Fingers: Choose another book.(他の本を選んでください)
―――――――――

Photo credit: Photo AC

Photo credit: Photo AC

まず読書を楽しむことからはじめよう

この指針が重要視しているのは「読書を楽しめるかどうか」です。どれだけの意味が理解できるか、どれだけの知識が得られるかではありません。読書を楽しむことができれば、1つ、2つとカウントした知らない言葉に楽観的な気分で出会うことができます。そして、意欲的に様々な手段で意味を覚えることできるでしょう。ひたすら勉強するよりも、読書での語学学習は楽観的な気分の中で行われるので、新しい知識がスムーズに脳の中に入っていくそうです。

「5 Finger test」は子供のみならず、語学学習中の大人もぜひ使ってみてほしいテストです。新しい世界が「本の世界の楽しみとともに」広がるでしょう!

(ライター: Seina Morisako)

英語教師との面談で教えられた「単語を覚えるより大切なこと」
TOEICよりもサバイバルイングリッシュ力!本当の英語力を身に付ける方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。