ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国言論界重鎮 韓国人は日本人より優れているとの思い込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本による韓国の植民地統治には功罪あった。だが、韓国の人々が日本式の近代教育を受け、多くのことを日本から学んだことは事実である。しかし、戦後の韓国は日本を否定し、日本から学ぶことを拒み続けてきた。祖国の未来を憂う韓国言論界の重鎮、漢陽大学名誉教授の金容雲氏と作家の柳舜氏が「日本に学ぶことの意義」について意見を交わした。

柳:韓国で自国の批判をするのはとても勇気のいることですが、金先生はこのような企画に登場して大丈夫ですか?

金:ご心配ありがとうございます(笑)。私は日本から学ぶべきことはきちんと学ぶべきだと考えていますし、韓国の未来のためにも、この場であえて苦言を呈することにしました。まず指摘したいのは、韓国人は文化や道徳、倫理などすべての面において「日本より優れている」という思い込みがあることです。

柳:と言うよりも、韓国人には「日本より上にありたい」という願望があるのではないでしょうか。韓国人は、現実的に日本に追いついていないことを分かっているはずです。問題なのは、そうした願望が強すぎて事実を直視できなくなっているということです。

金:もちろん、韓国人もGDPなど数字で比較できる国力は日本より下ということを理解しています。一方で韓国人は「日本は儒教的に劣っている」という朝鮮王朝時代の観念を引きずっています。その日本に植民地支配されたばかりでなく、今でも国際社会での位置付けは「日本より格下」です。

 そのため韓国では、この屈辱をいかに晴らすべきか、ということに執着し、日本から学ぼうという意識が希薄になってしまいました。

柳:いま、韓国は危機管理の在り方について問われています。昨年のセウォル号沈没事故を受け、私は「あの日、沈没したのは一隻の船ではなく大韓民国だ」と主張しました。韓国は、はたして国家の体を成しているのかと嘆いたのです。

 今年はMERS(中東呼吸器症候群)騒動で、WHOから政府対応の遅れを指摘されました。これはとても恥ずかしいことです。

金:韓国はセウォル号事件で何を反省したのでしょうか。あのとき国家全体に危機管理意識が根付き、日本をはじめとする国際社会から学ぼうとしていたら、MERSの拡散もここまで深刻にならなかったかもしれません。

 韓国でも日本と同様に2年前からMERS対策マニュアルが作成されていましたが、患者を診察した病院名の公表が遅れるなど対応が後手に回りました。仮に日本で感染者が出たら、事後対応は徹底され、ここまで被害が拡大することはなかったでしょう。

【PROFILE】金容雲/1927年東京生まれ。早稲田大学中退後に渡米。ウィスコンシン州立大学助教授、東京大学客員教授を歴任し、1968年に韓国に帰国。近著に『「日韓」の終焉と始まり』(三五館刊・平井敏晴共著)がある。

【PROFILE】柳舜夏/1943年京都府生まれ。戦後、韓国に帰国。純文学の作家として長年にわたり韓国文壇で活躍する。1980年に「韓国文学新人賞」を、1989年に「第1回怡山文学賞」(日本の泉鏡花賞に相当)を受賞。韓国きっての保守論客としても知名度が高い。『韓国人の癇癪 日本人の微笑み』(小学館刊)など著書多数。

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国では「サザエさん韓国人説」が流布し真に受けている人も
KARA、少女時代、キム・ヨナを通じて日韓の違いを理解する
「活版印刷」と「羅針盤」 韓国が起源は韓国人の間では常識

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP