ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ファストファッションはかぶりやすい」と自作服が人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファストファッション全盛で格安で流行の服が買える時代。手作りは手間もかかるし、かえって割高では?…という印象もあったが、裁縫用品が揃う「オカダヤ新宿本店」を訪れてみると、開店早々から女性客が絶えなかった。

 2003年から「カタログハウスの学校」のソーイング講師を務め、著書に『裁縫女子宣言!はじめて作る自分だけのシャツ』(バジリコ)などがあるイラストレーター&裁縫家のワタナベ・コウさんはこう話す。

「確かに今、洋服は安く買える時代ですが、その反面大量生産でほかの人とかぶってしまうというデメリットも。裁縫は、自分が着たい柄を選び、着たいデザインで、自分サイズで作れるから楽しいんです。昔のように母親から強制されてやらされていた裁縫ではなく、主体的に裁縫を楽しもうとする人が増えているんだと思います」(以下、「」内同じ)

 世界で一着しかない服に対する思い入れは、当然強くなる。

「誰かに裏側を見せるわけでもないし、縫い目が曲がっていてもいい。自分が“これで服を作りたい!”とときめいた布で作った服は、世界でたった一着。それってとても素敵なことですよね」

 初心者に親切な店も強い味方になるため、服作りのハードルは思ったより低いようだ。

「まずは、布屋さんに行ってみて欲しい。予想以上に楽しいし、布を見ているだけで服作りの意欲が湧いてきますよ。簡単なものからはじめて一着完成させてみると、服作りの楽しさにハマるはず!」

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
近年の裁縫ブーム 「東日本大震災がきっかけに」と洋服作家
「片づけが苦手」と主張する妻に夫「そんなお前が苦手だよ」
『カーネーション』モデルのコシノ母 実は朝ドラ出たがってた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP