ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胃がんリスク検診 発見率はバリウムの4倍、コスト10分の1

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年間1000万人以上が受けるバリウム検査では、多くの胃がんの見逃しや死亡事故が起きている。にもかかわらず、「早期発見のため」と推奨される背景には、巨大ビジネスとなった検診を天下り役人や医学者、業者が利権化してきた構図があった。

 今後の胃がん検診を変える可能性のある新手法を明らかにする。

「私は現在のバリウム検査が有効だと考えていません。50年近く毎年、胃がんで亡くなっている5万人という数が変わらないからです。胃がんの99%が、ピロリ菌が原因の“感染症”だと明らかになった以上、我が国の胃がん対策を根底から変えなければならない。それが世界標準なのです」

 そう話す浅香正博医師(北海道大学特任教授)は2013年12月、WHOがん研究機関・IARCの会議に専門委員として出席した。同会議で世界の胃がん研究者たちが議論を重ねた末、IARCは〈ピロリ菌のスクリーニング検査、および除菌治療を行うことを推奨する〉との勧告を発表した。

「まずピロリ菌の感染を調べて、感染者には除菌治療をすることで胃がん予防を進める。日本は2013年からピロリ除菌治療が保険適用になり、年間150万人(推定)が治療を受けました。これで胃がんは大きく減っていくと考えます」

 浅香特任教授らの研究で、ピロリ除菌の胃がん抑制効果は60%以上(Lancet誌掲載)と判明した(ただし、除菌による胃がんの抑制効果が現われるには3年以上かかるため、ピロリ感染者は内視鏡検査を定期的に受ける必要がある)。

 そうした研究成果と連動して、2006年、「胃がんリスク検診」(通称、ABC検診)という新しいスクリーニング方法が、群馬県高崎市で乾純和医師らが中心となってスタートした。

 これは、ピロリ菌の感染有無と胃粘膜の萎縮度(ペプシノゲン値)を組み合わせて、「ピロリ菌未感染者で胃粘膜の萎縮がないA群」を胃がん検診から除外。残りをリスク別にB群からD群にグループ分けして、定期的に内視鏡検査を実施するという手法だ。

 特徴は、(1)血液検査で安く簡単に胃がんリスクが判明、(2)胃がんの高い発見率、(3)高い費用対効果などが挙げられる。

 東京・目黒区では、2008年から胃がんリスク検診とバリウム検査の選択制にしたところ、5年間で約3万人がリスク検診を選択、73人の胃がんが発見された。発見率にすると「0.24%」、同時期のバリウム検査の実に4倍だった。

 胃がんリスク検診にかかる一人分のコストは4300円、バリウム検査が1万3100円。リスク検診は毎年受ける必要がないため、これを1人あたりの発見コストに換算すると「180万円:2100万円」と大きな差が開く。

 乾医師らのグループが行なった試算によると、日本全体でリスク検診に変更し、同時にピロリ除菌治療で胃がん予防をすると、5年間で医療費は4200億円削減できるという。

●文/岩澤倫彦(ジャーナリスト)と本誌取材班

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
50代以上の70~80%が感染しているピロリ菌 胃がんリスクも
日本人が感染する東アジア型のピロリ菌は病原性が非常に強い
胃がん原因のピロリ菌は母から子への口移しで感染する恐れも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP