ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三代目JSBの夏曲、圧倒的ポイントで総合No.1に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

三代目JSBの夏曲、圧倒的ポイントで総合No.1に!

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今年のサマー・アンセム「Summer Madness」が、各指標で高ポイントを積み重ね、Billboard JAPAN Hot100首位となった。

 「Summer Madness」は、パッケージリリース前からチャート上位に入っていたが、リリース週では、フィジカル、デジタル、ツイッター、YouTube、ストリーミングの5指標で1位となり、2位以下を大きく引き離してのNo.1となった。2015年の夏を代表する曲になることは間違いないだろう。この先、どこまでロングヒットになるのか注目したい。

 2位は、劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』挿入歌μ’s「SUNNY DAY SONG」。これは、3週連続シングルリリースの第2弾で、惜しくも総合1位には届かなかったが、フィジカルとデジタルでは2位、ルックアップは「Summer Madness」を抑えて1位となった。先週1位で、同映画挿入歌μ’s「Angelic Angel」は5位にランクダウンしたが、TOP5に『ラブライブ!』関連作が2曲入っており、その注目度の高さが改めてわかる結果となった。来週もリリースが控えており、チャート上位に食い込んでくると予想される。

 3位は、先週と変わらずゲスの極み乙女。「ロマンスがありあまる」。YouTubeで引き続き高ポイントをあげてTOP3を維持。JUJU「PLAYBACK」は、ラジオでポイントを大きく稼ぎ総合4位に入った。

関連記事リンク(外部サイト)

7月20日付 Billboard Japan HOT 100
SEKAI NO OWARI 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』主題歌MV公開
アプガ新井愛瞳/乙女新党/choco☆milQ/つりビット/バンもん!/まなみのりさ/Maria/ゆるめるモ!/RYUTist『CHEERZ』参加

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。