ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ギタリスト兼ヴァイオリニストSUGIZOセレクトによるクラシックコンピ第2弾が初登場第1位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ギタリスト兼ヴァイオリニストSUGIZOセレクトによるクラシックコンピ第2弾が初登場第1位

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、LUNA SEAやX JAPANで活躍するギタリスト兼ヴァイオリニスト、SUGIZOがセレクトした、クラシック・コンピレーション・アルバムの第2弾が第1位となった。両親ともに音楽家であり、自身も幼少期よりクラシック音楽に親しんできたSUGIZO。第1弾ではオーケストラ曲を中心にセレクトしたが、今回はLUNA SEAのライブで幕開けのナンバーとしてお馴染みのベートーヴェン「月光」や、ドビュッシーの「夢」など独奏曲を織り交ぜたコンピとなっている。

 第2位はレオナルド・バーンスタインとウィーン・フィルの『第九』となった。1980年度レコード・アカデミー大賞に輝いたベートーヴェン全集からの1枚。ソリストにもギネス・ジョーンズ、ハンナ・シュヴァルツ、ルネ・コロ、クルト・モルという錚々たるメンバーを揃え、円熟期を迎えたバーンスタインとウィーン・フィルの名演のひとつとして知られている。今週は今年没後25年を迎えるバーンスタインの指揮盤が新譜旧譜合わせ全部で7枚チャートインしており、本盤は2012年のチャートインから返り咲いた。

 第3位は“ゴジラ”で知られる作曲家・伊福部昭の、生誕100年を記念するコンサートを収めたライブ・アルバム『伊福部昭百年紀Vol.3』がチャートイン。2014年11月、すみだトリフォニーホールにてライブ録音された。斎藤一郎指揮、オーケストラ・トリプティーク 、伊福部昭百年紀合唱団による、オリジナル楽譜版の迫力たっぷりの伊福部サウンドが堪能出来る。人気の高い「ゴジラ」組曲をはじめ、「大怪獣バラン」組曲、「モスラ対ゴジラ」組曲などを収録したものとなっている。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

7月20日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
三代目JSBの夏曲、圧倒的ポイントで総合No.1に!
カーリー、ウィズ・カリファ、スモールプールズ TOP3に変動なしの洋楽チャート、そんな中4位に急上昇してきたのは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。