ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review: お祭り番長ピットブル、原点回帰のスパニッシュ・アルバム第2弾

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シーズン到来。昼夜問わず熱くなるこの季節、夏本番を迎えるにあたって、車内にフロアに、常備しておきたいアイテム、ピットブルの新作『ダーレ』が、7月17日(日本盤は8月5日)にリリースされる。

 本作は自身の原点に回帰した、『アルマンド』(2011年)に続く、スペイン語歌唱によるスパニッシュ・アルバムの第2弾。これまでのヒット曲に通ずるヒップ・ホップ感覚を残しつつ、マイアミ・シンガーとしての信念を貫いた、思わず腰が浮きまくるラテン・サウンドが散りばめられた、まさに“踊るための”アルバムに仕上がっている。

 リオのカーニバルを彷彿させるような、露出の高い衣装を纏った美女をバックに、現地の祝祭が蘇るテイストの先行シングル「ピエンサス」では、キューバのナイト・フロアで流れないことはない、レゲトンの代表格であるジェンテ・デ・ソーナとコラボレーション。10年ほど前、日本でも小ブレイクしたレゲトン界において、これほど息の長いアーティストも珍しく、彼らの実力も折り紙付き。

 それから、日本ではプロモーション・シングルとして先行で配信された、「バッデスト・ガール・イン・タウン」に、コンゴ出身のR&Bシンガー、モホンビと、エルトリコ出身のレゲトン・アーティスト、ウィシンというラテン界を盛り上げる2大アーティストを迎え、ホーンが鳴り響く、フロアライクなマイアミ・サウンドをアプローチした。

 英語からスペイン語に移行したとて、これまでのピットブル・サウンドと、何か大きく違ってしまっている…ということもなく、我々日本人の耳には、オリジナル・アルバムの続編として、違和感なくすんなり入ってくる。

 ただ、昨年末にリリースされ、「タイム・オブ・アワ・ライヴス」や「ファン」といった、大ヒット・シングルを生み出した8thアルバム、『グローバリゼーション』と明らかな違いを感じるのは、スペイン語歌唱を含め、サウンドやリリックから醸し出される“夏感”ではないかと。オール・タイムというより、夏を盛り上げるべく作品として取り上げるなら、間違いなく、この『ダーレ』に軍配があがる。

 2009年の夏、突如シーンに現れるや「アイ・ノウ・ユー・ウォント・ミー」がモンスター・ヒットとなり、同夏のミュージック・シーンを盛り上げた、ピットブル。失礼ながら、完全な“一発屋”かと侮っていたのも束の間、「ホテル・ルーム・ サービス」、「ヘイ・ベイビー」、そして初のNo.1をマークした、「ギブ・ミー・エブリシング」と、途切れることなくTOP10ヒットを生み出す、トップ・アーティストとなった。

 そのブレイクから6年、どの年のチャートにおいても、彼の名前がクレジットされなかったことはないが、そういったヒットメイカーとしてのピットブルはさておき、本作『ダーレ』では、ラテン、レゲトン、ダンスポールといった、ラテン・ミュージックに特化した彼のスタイルを、夏の暑さと共に体感していただきたい。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『ダーレ』
ピットブル
2015/08/05 RELEASE
2,376円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

ピットブル、新作スパニッシュ・アルバム『ダーレ』を7月発売 先行シングルも配信開始
ピットブル TVで話題のイルマニアも出演した最新作キャンペーン動画の第2弾を公開
ピットブル&ケシャの最強お祭りタッグが3週連続全米No.1獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP