ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ミーク・ミル 米ビルボード・アルバム・チャート2週連続首位に、2015年現時点でのNo.1アルバムは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ミーク・ミル 米ビルボード・アルバム・チャート2週連続首位に、2015年現時点でのNo.1アルバムは?

 ラッパー、ミーク・ミルの2ndアルバム『ドリームス・ワース・モア・ザン・マネー』が、2週目のNo.1をマークした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 7月10日から、全世界でのリリース日が毎週金曜に統一されたことを受け、アルバムの集計期間が今週のみ短縮され、初登場作品のランクインが無いという、異例のアルバム・チャートとなった。そのため、上位でセールスをキープしたアーティストがTOP10内に停滞し、先週初動枚数25万枚を獲得してNo.1デビューを果たした、ミーク・ミルは自身初の2週連続首位獲得に。本作はカナダでもNo.1をマークし、UKチャートでも13位と大健闘。2週目で前作『ドリームス・アンド・ナイトメアズ』のセールスを軽く上回り、すでに50万枚近い累計枚数を獲得する大ヒットに至っている。

 チャート・アクションとしては、ほぼ変動のないランキングとなったが、今年のチャートを支配する、女王テイラー・スウィフトの『1989』が再び2位に上昇、グラミー効果により上位に停滞し続けている、エド・シーランの『x(マルティプライ)』は4位に、マルーン5の『V』はTOP10内に返り咲き、メーガン・トレイナーやサム・スミス、ドレイクなど、セールスが安定しているアーティストのアルバムが、それぞれランクアップを果たした。
 
 ニールセン・ミュージックの実売調査により集計すると、2015年現時点でのNo.1アルバムは、やはりテイラー・スウィフトの『1989』。続いて、ドレイクの『イフ・ユーアー・リーディング・ディス・イッツ・トゥー・レイト』、3位にはエド・シーランの『x(マルティプライ)』がランクインし、サム・スミス『イン・ザ・ロンリー・アワー』(5位)、メーガン・トレイナー『タイトル』(6位)、マルーン5『V』(8位)と、上半期上位をマークし続けていたアーティストが、総合売上でも上位に並んだ。

 また、同作からのシングルヒットが影響したこともあり、4位には『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』、7位には『ワイルド・スピード7』と、TOP10内にサウンドトラック盤が2作もランクインする快挙を成し遂げている。

 サウンドトラック盤では、先週10位にデビューした『マジック・マイクXXL』が、今週は2ランクアップの8位へ上昇している。7月1日から公開された映画が、初日の興行収入で首位デビューを果たし、週末の興行収入でも、4位と全作を超える大ヒットを記録したことで、サントラ盤へのセールスに繋いだ。また、映画『マジック・マイクXXL』の日本上映も決定し、10月17日から全国で公開される。

 起死回生の1曲となった「ファイト・ソング」が、今週のシングルチャートで8位まで上昇している、レイチェル・プラッテンの同名EP盤『ファイト・ソング』は、そのヒットを受けて自己最高位の21位まで上昇。アルバムも、シングルに続いて自身初のTOP10入りなるか、今後の動きに注目したい。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

7月25日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
7月25日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
ミーク・ミル 初動25万枚を売り上げ米ビルボード・アルバム・チャート堂々の1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。