ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏はやっぱりカレー!!今夏の資生堂パーラー「カリーフェア」は、贅沢に厳選素材をチョイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏はやっぱりカレーが食べたくなる。食欲がおちる時期でも、スパイシーな香りに誘われて食べてしまうのがカレーの魅力だ。
カレーライスに定評のある資生堂パーラーは、2015『夏のGINZAカリーフェア』を2015年7月14日(火)~8月30日(日)までの期間に開催する。

2015『夏のGINZAカリーフェア』では、伝統のカレーソースにアレンジを加え、厳選素材を組み合わせたこだわりのカレーを提供。

銀座本店メニューとして提供される「プレミアム和牛カリーライス」(5000円)は、和牛の三枚肉のなかでも特別柔らかい部位だけを選び、エスパニョールソースでじっくり煮込んだカレー。とろけるような牛肉と玉ネギの甘味が加わった絶品だ。

同じく銀座本店メニューの「オマール海老と帆立貝のカリー サフランライスを添えて」(4900円)は、軽く火を通したシーフードに、色鮮やかなサフランライス、甲殻類とココナッツの香るカレーソースを合わせた贅沢なカレーライス。

支店共通メニューとして提供される「飛騨牛の煮込みカリーライス」(2592円)は、コラーゲンを多く含んだ飛騨牛のスネ肉を、伝統のカレーソースとともに時間をかけて煮込んだ夏限定メニュー。

同じく支店共通メニューの「11種類の彩り野菜カリーライス」(2268円)は、色とりどりの野菜と、カレーソースにトマトを加えたスッキリとした夏のカリーライス。
(※銀座本店はサービス料10%を別途頂戴する)

バラエティに富んだカレーで、夏を元気に乗り切ろう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP