ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

避暑地・六甲山でさらに涼し~く雪とあそぼ!!雪100tの広場で宝探しや、流しそうめんで涼を満喫

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏は暑くて、外に出ないのが一番!なんて人もいるが、子供たちはそうもいかない。そんな子供にも大人にもうれしい、野外でも涼しく遊べるスポットが今年も六甲山で始まる。

六甲山カンツリーハウスでは、2015年7月18日(土)~8月31日(月)までの毎日及び9月5日(土)~13日(日)までの土日の計49日間、夏の恒例イベントである「真夏の雪まつり」を開催する。

六甲山カンツリーハウスは標高約850メートルに位置し、気温は市街地に比べて5℃程低いため、昔から避暑地として親しまれている。

その避暑地・六甲山をさらに涼しくする「真夏の雪まつり」は、「六甲山スノーパーク」の雪造りの設備、技術を活かして造った約100tの雪の広場で、雪遊びや、「おもちゃ」や「ドリンク」を探す宝探しゲームなどを開催。

また流しそうめん体験や、お盆期間(8/13~16)には夕涼みバーベキューなども開催され、食べても楽しめる。

7月18日(土)のオープニングイベントでは、約300本のひまわりが雪広場に登場する「雪上ひまわり畑」や、特急列車の速度(風速約30m/s)の風を体感できる「強風体験」も開催。ここに来れば「涼」を感じることができるのだ。

開催時間は11:30~16:30までとなっている。
(※7月18日(土)、8月13日(木)~8月16日(日)は10:30~16:30)
(※台風11号の影響により、オープニングイベントの開催を翌日7月19日(日)に変更する場合もあり、詳しくはWebサイトにてご確認を。)
http://www.rokkosan.com/country/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP