ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7億円サマージャンボ 東、ボックス型、雷雨が幸運もたらすか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1等・前後賞合わせて7億円というサマージャンボ史上最高の当せん金額が話題の『サマージャンボ宝くじ』が7月8日にいよいよ発売された。1等5億円が23本(23ユニットの場合)、1等の前後賞の1億円が46本で、最大69人の億万長者が誕生する予定だ。発売期間は7月31日までの約3週間。どうにか高額当せんをゲットするために、売り場や購入のタイミングも慎重に選びたいところ。

 実際、6月11日に抽せんが行われたドリームジャンボ宝くじの当せん売り場を見ても、ある法則が見えてくる。

『西銀座チャンスセンター』や『大阪駅前第4ビル特設売場』といった高額当せん常連の超有名売り場が名を連ねるなか、目を引くのは39本の億当せんのうち、10本を出した大阪。この勢いはサマージャンボでも無視できなさそう。

 そして、注目すべきは東京の『浅草橋東口駅前売場』と『目黒駅東口前宝くじ売場』。ともに“東”がついた2つの売り場から1等・前後賞合わせて7億円が誕生した。風水師・生田目浩美さんはこう解説する。

「古代中国の九星気学で占うと、今年は“三碧木星”の星回り。この三碧木星は真東の方位を表します。東は太陽が昇る方角なので“上昇”や“ひらめき”の意味を持ちます。こう聞くと、金運UPにつながりそうだと思う人もいるかもしれませんが、実は今年、東は凶方位となる“五大殺”の1つで、どんな人にもまったく幸運をもたらさないといわれる方位なんです」

 九星気学によると今年、「東」の方位はむしろマイナス要因という。それではドリームジャンボでこの2つの売り場から当せんが出たのはなぜなのか――生田目さんが続ける。

「7億円といった超大金が当たるには、ちょっとやそっとの金運や勝ち運では足りません。宝くじのような、一生のうちにあるかないかというチャンスには、より大きなパワーがはじける必要があるんです。東がもつ強力な凶のパワーが、逆に大きな反動をつけて高額当せんをもたらしたんだと思います。ですから、サマージャンボでも売り場名に東とついた場所で購入するのがおすすめです」

 風水では、一般的に金運は西に集まるといわれているが、今年は「一生に一度」級の大当たりが東からやってくるのだ。

 2つの売り場には、電話ボックスのような形をした売り場という共通点もある。

「ボックス型の宝くじ売り場は狭くて小さい分、売り場の中に運気が集中して濃くなるため、高額当せんが期待できるんです」(前出・生田目さん)

 さらに、生田目さんは今年のサマージャンボならではの購入のタイミングを教えてくれた。

「三碧木星は“雷”という意味も持っています。近年、夏場になるとゲリラ豪雨などで急に雷雨がくることがありますよね。あまり嬉しいことではありませんが、今年に限っては雷が金運をもたらしてくれるんですよ」

“東”が名前につく、“ボックス型”の売り場で、“雷雨”の中購入すれば、サマージャンボの7億円はもうすぐそこ!?

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も
1等当選確率20万分の1 当たりやすい2000万サマーに注目
前後賞合わせて7億円のジャンボ宝くじ ラッキーナンバーは?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP