ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

急逝・高橋一三氏 ライバル堀内恒夫氏が語るV9時代の思い出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1965年から始まった巨人のV9時代を支えた高橋一三氏が急逝した(享年69)。「左のエース」として活躍した高橋氏に対し、「右のエース」としてチームを牽引した堀内氏が、6月末に行なわれた『巨人V9 50年目の真実』(小学館刊。7月9日発売)の発売記念座談会の中で、高橋氏との思い出をこう語っていた。

 * * *
 僕はあまりコントロールが良くなくて、フルカウントになることが多く、ツースリーと言われた。一方の高橋一三さんは、名前の通り“ワンスリー”といわれていましたね。僕は一三さんより少しだけ良かったんです(笑い)。

 V9時代はフルカウントになったり、ボールが先行すると「早くストライクを投げろよ」とサードベースから長嶋(茂雄)さんなんかが怒っていた。特に僕と一三さんは、色んな人から、「お前たちはボールが多いんだから早く投げろ。人より倍、早く投げろ」と言われたものです。

 でも昔の投手は、今と比べて投げるのが早かった。特にナベちゃん(渡辺秀武)は早かったですね。(捕手から戻ってくるボールを)取っては投げ、取っては投げていた。

 キャンプの後は、オープン戦で各地を回るのが常だったが、最後の試合は福岡の小倉でやっていた。そこでは必ずナベちゃんが投げた。理由は早く試合を終えて早く東京に帰りたいから、みんなが「ナベちゃん投げろ」だからね。僕や一三さんが投げるとフォアボールばかりでなかなか終わらないから……(笑い)。

 プライベートでは仲が良かったですよ。一三さんは方向音痴でね。自動車を運転するときは、僕が助手席に乗せてもらってナビ役をしていました。ただ一度試合になればもちろん、勝ち星では絶対に負けたくないというライバルでしたね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
厳しい川上哲治監督 三球三振で罰金取られた城之内邦雄氏
金田正一と桑田真澄が語る2ストライク0ボールで1つ外す理由
「ダルと稲尾はどっちがすごい?」名球会豊田泰光氏の答え

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。