ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんと発表は国連本部から!「海から生まれたスニーカー」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。
じつは、同日開催されていた、気候変動に関するハイレベルイベントのその会場で、新作スニーカーをリリースするのには大きな意味がありました。アディダスは、海洋環境保全に取り組むNPO活動団体「Parley for the Ocean」とのパートナーシップをきっかけに、100%海洋ゴミだけを用いた靴を開発していたからです。

一見、ハイテクスニーカーに思えるこの靴は、プラスチックなどの海洋廃棄物と、違法に仕掛けられた海底の刺し網(仕掛け漁法に使用される漁網)を回収し、100%再利用して製作されたもの。

海洋環境の現状に関する人々の認識を高めるために、クリエイターや思想家、起業家らを結集させた「Parley for the Ocean」。海洋環境の保護・保全を訴えるプロジェクトを立ち上げ、数々のブランドとのコラボレーション企画を展開しています。アディダスはその創設メンバーとして、プラスチック廃棄物による海洋汚染の改善を目指してサポートを続けてきました。

「海底に沈んだ刺し網は、壁のように海の生き物の往来を遮断してしまうんです。でも、回収された網がこうして再利用でき、また生活の場に戻ってこれるんです」

アディダスから支援を受けて、海洋ゴミ収集のためのプロジェクトチームを創設した「Parley for the Ocean」のCyrill Gutsch氏(写真左)は、米メディア「Fast Company」の取材に対してこう答えています。ちなみに写真右は、アディダスグループのグローバル・ブランドを統括するEric Liedtke氏。

アディダスはこれまでにも、廃棄物の発生をゼロにした革新的な製法「Primeknit」をスニーカーのアッパーに採用するなど、ムダを生み出さないものづくりと、環境に対する企業のソリューションを率先してきた歴史があります。
企業レベルで環境保全に取り組んでいくことが、ようやくトレンド化しつつある昨今。こうしたコンセプト商品が、企業の取り組みをアピールするアイコンとして、効果を発揮しています。

なお、このスニーカー、年内には一般消費者向けに販売が予定されているそうなので、楽しみです。

 Reference:Fast Company
Licensed material used with permission by adidas Corporate Comunications

関連記事リンク(外部サイト)

原宿に現れた「カラフルなポスター」。そこに込められた環境問題へのメッセージが深かった・・・
板チョコ1枚に850リットル!?食品生産の裏で「大量の水」が使われている・・・
ハワイでレジ袋が全面禁止に。水着を忘れてもエコバッグは忘れるな!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP