ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新登場!風力で動く飛行ドローン 驚異の2時間以上の連続飛行が可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫
XAir

最近何かと話題になっている飛行ドローン。一般の人も、ドローンのカメラで空中写真や動画を撮影して楽しむ時代になった。

普通、飛行ドローンというと、内部に電池バッテリーを搭載しており、1回の飛行につき、およそ20~30分程度の連続飛行しかできないものが多い。

・風力で動く飛行ドローン

そこで、より長い飛行時間を実現しようと取り組んでいるのが、カリフォルニアのスタートアップ「XAir Unmanned Aerial Systems」だ。同社の飛行ドローンは固定翼タイプで、なんと風力で動くモデルになっている。

・小型ソーラーパネル搭載

通常の飛行ドローンと違い、動力用の電池バッテリーを積んでおらず、およそ680グラムという軽さを実現。小型のソーラーパネルまで搭載されており、変換されたエネルギーは、内部の電子構造を動かしたり、内部バッテリーの充電に用いられるという。

・2時間以上の連続飛行を実現

開発者の1人Seshu Kiran氏によると、プロトタイプのドローンは連続して2時間以上の飛行に成功。もちろん風力、太陽光以外のエネルギーは消費していない。もし風の状態がよければ、理論上は無期限の飛行が可能だという。

XAir2

プロトタイプは、垂直離陸・着陸が可能で、フライトコントロールができるほか、風速検知のセンサー、広角対応・熱感知マルチスペクトルカメラ、3次元空間認能力などの機能を搭載。

さらに、飛行情報の分析をおこなえるクラウドシステムなど、専用のソフトウェア開発が進められている。

・農業、地図作成、インフラ点検などに活用

この長時間の飛行が可能なドローンは、ドローン好きな人の趣味用としてだけではなく、農業、採鉱、インフラ点検、地図作成、映画撮影など、さまざまな業務に役立つのではないかと期待されているようだ。

XAir Unmanned Aerial Systems

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。