体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リヴァイが甲州弁、エルヴィンは博多弁に!『進撃の巨人』17巻限定版に名台詞方言版しおりが付録

8月7日発売になる、諫山創さんのマンガ『進撃の巨人』17巻の限定版(980円税別)に、9人のキャラクターの名台詞を全国各地の方言に改変した、クリアしおり9枚セットが付属することがわかりました。

発表によると17巻の付録は9枚のクリアしおりの他、3月にネット配信され話題になった『進撃の巨人』関西弁1巻の紙バージョンも予定されています。

【関連:「痛快エブリデイ」の正しい発音は?『進撃の巨人』関西弁1巻登場で注目】

進撃の巨人

関西弁1巻はセリフの全てが関西弁に置き換えられたもので、配信開始と同時に大きな話題となり、さらには印象的なセリフとして度々登場する「痛快エブリデイ」の発音が、ネイティブ関西人の場合「つっかい!えっぶりでぇ!」になるという指摘が沸き起こりこちらも話題になったもの。

そして今回最も注目されている9枚のクリアしおりでは、9人のキャラクターの名台詞がそれぞれ方言に変えられており、判明しているだけでリヴァイが甲州弁、エルヴィンは博多弁になっているそうです。

公式サイトなどでは詳細情報が明らかになっていませんが、一部報道によると、リヴァイの「全然なってない すべてやり直せ」というセリフが「いっさらなっちゃいんじゃん もいっぺんやれし」になっているのだとか。残りのキャラがどの方言を喋っているのかわかりませんが、当日ネット上を賑わせることになりそうです。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy