ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

通信料節約と社会貢献を同時に叶えるSIMフリーサービス登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

通信料節約と社会貢献を同時に叶えるSIMフリーサービス登場iStreamは7月14日、新しいMVNO SIMサービス「ファンダム支援SIM」を開始しました。毎月の利用料のうちから寄付金額が算出され、NPO・社会貢献団体に支援されるという、スマホを利用するだけで社会貢献になるサービスです。
ファンダム支援SIMの料金やサービス内容は、同社が提供するSIMサービス「ファンダムSIM」と同じで、寄付のための費用負担は不要です。ファンダムSIMは月額429円で高速通信を200MBまで行えるほか、1契約で最大19枚までSIMカードを購入することができます。 

LTEによる高速通信を低価格で使えるサービスといえば、ぷららモバイルLTEの「二段階定額プラン」の30.5MB/月額421円か7月15日にサービスイン予定のFREETEL SIM「使った分だけ安心プラン」の100MB/月額322円などですが、200MB/月額430円のファンダムSIMは最安値でしょう。

ファンダムSIMの特徴の一つは、あらかじめ容量を決めて料金プランを選ぶのではなく、その月に使った容量だけ支払う点。月によって使用する容量にバラつきがあっても安心して使えます。

 容量 データ通信のみ
200MB 429 円
1GB 645円
2GB 810円
3GB 918円
4GB 1080円
5GB 1371円
6GB 1782円
7GB 2203円
7GB以上 2203円(100MBごとに162円の従量課金)

※SNS機能つきは各プラン120円増額

上限は変更可能。上限を超えると通信が止まるリミッター機能があるため、使いすぎも防止できます。通信量が残り20%になるとメールで通知。上限値を再設定すれば、再び高速通信が使用できます。

もう一つの特徴は、強力なデータシェアとグループ機能。1契約で、最大19枚のSIMをまとめて管理でき、その中でデータシェアができます。

家族間使用はもちろん、企業内で使うことも可能です。その他、観測データを定時送信する機器に使用する場合などにも適しています。それぞれのSIMの通信量の上限をユーザページから設定できるほか、グループ全体の上限管理を行うことも可能です。スマホ、タブレット、PC、ルーターなど、複数の通信機器を使い分けている人にはSIMの挿し替えが不要になるので便利ですね。

現在はデータ通信用SIMにSMS機能の有無が選べるだけですが、2015年9月をめどに音声通話機能やMNPをサービスインする予定とのこと。

 

 支援先団体の選択が可能
寄付については、「利用料課金システムが、サービス利用者が購入時に経由した支援先団体をひも付け、毎月の利用料のうちから寄付金額を算出」するとのこと。

支援先団体については、iStreamが運営するサイト「ファンダムビレッジ」から、支援したいNPO・社会貢献団体を選択できます。利用料金のうちどのくらいが寄付にまわっているのかも、ユーザページで確認できるとのこと。

安いデータ通信を提供するだけでなく、他と異なった付加価値をつけたMVNOが、今後も登場してくるかもしれません。

※価格は税込み

 

(文:空色ぐらたん)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。