ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オタク向け!無料でも楽しめるおすすめスマホゲームアプリ9選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、エンジニアのしょごです。

最近は、テレビの前に腰を据えていざ!っとゲームをするよりも、気が向いたとき手軽にできるPSVitaなどの携帯ゲーの方に食指が伸びやすいです。
そんなボクが、自分で使ってよかったスマホアプリをご紹介します。

通勤中や待ち合わせの空き時間などに、そっとプレイしてみてはいかがでしょうか。

オタク向け!おすすめのスマホゲーム9選

魔法使いと黒猫のウィズ

http://colopl.co.jp/magicianwiz/

設定
クイズに答えながらクエストを進める冒険RPG。

ゲーム進行
ソシャゲ王道のカード収集要素にクイズのゲーム性を加えたもの。

備考
日別で変わる、精霊を進化させるための素材クエストがある。

レベルはそこまで高くないですが、かれこれ2年近くやってます。TVCMでよく見かけるのでご存知の方も多いかと思います。
ただクイズに答えるだけじゃなく、カード収集によって集めた精霊との有効なコンボを考えるのがこのゲームの醍醐味です。

最近二色複合カードをやっとゲットしました! アリエッタたん超つえーww

ちなみに初めてやる人は「BC2S3L9R」っていうボクの招待コードを入力すると有利にすすめますよ!

>>Androidダウンロードはこちら<<

>>iTunesダウンロードはこちら<<

ゴシックは魔法乙女

http://www.cave.co.jp/sp/mahouotome/

ゲーム進行
弾幕系シューティングRPG。美少女使い魔を育てたり、使い魔ごとの再度ストーリーを楽しんだりできる。

備考
難易度も選べるため、シューティングが苦手な人からゴリゴリの玄人まで楽しめる。

怒首領蜂や虫姫さまなどの弾幕系なシューティングゲームとRPGが合体したゲームです。
昔はゲーセンで目を血走らせてクリアして、2周目以降、難易度がクソ上がった状態でどれだけ進めるかを友人と競い合ったのが懐かしいです。
タップとスワイプのみなので操作もシンプル、使い魔もかわいいですよ!

>>Androidダウンロードはこちら<<

>>iTunesダウンロードはこちら<<

古の女神と宝石の射手

http://copan.me/inishienomegami/

ゲーム進行
パズルを解きながらバトルをクリアしていくRPG。クエストパートと、女神それぞれの物語が楽しめるストーリーパートがある。

備考
パズルを解くだけでなく、ストーリーモードでは各女神たちの思惑や世界観により没入できる。

昔パズルボブルっていうゲームがありましたが、それと基本は似ています。同色のジュエルを当てて消していくシンプルなパズルです。
どういう順番で消すか、このターンは種まきをして……など戦略が必要な部分もあるので、一筋縄ではいかないのもやりごたえがあります。

また「泣けるパズルゲーム」とも言われていて、ストーリーモードはノベル形式で展開し、パズルを忘れてのめりこんでしまいます。
神話をモチーフとしたオリジナルストーリーになっていて、こういう流れほんと大好物すぎるのでつい読みふけってしまい、何度か最寄り駅を乗り過ごしましたw
各キャラの設定や特徴も楽しめるゲームは少ないので、よりキャラクターへの思い入れが深くなりますね。

>>Androidダウンロードはこちら<<

>>iTunesダウンロードはこちら<<

Deemo

http://www.rayark.com/g/deemo/

設定
Deemoという孤独なキャラクターの前に、自分が誰なのかどこから来たのかわからない少女が空から落ちてくる。そこで、主人公はピアノを弾くたびに伸びる木を発見。無事、少女を元の世界に返すことができるのだろうか。

ゲーム進行
曲を選んでプレイする音ゲー。プレイ結果や回数によって木が成長し、ゲームの進行によって曲が増えていく。

備考
ピアノメインの曲が多いが、シンセ音源やオーケストラ調の音源などもある。タップとスワイプのシンプル操作。

曲もさることながら、Deemoと少女に加えお城で登場するキャラクターやアイテム、曲のサムネイル画像などで世界の関係性をいろいろ考察でき、かなり奥深いゲームになってます。ちなみに、ボクはV.K氏の曲がドツボです。

また、PSVita版の発売が決まるほど大人気なので、まだ一度も試してない方はぜひ。

>>Androidダウンロードはこちら<<

>>iTunesダウンロードはこちら<<

Cytus

http://www.rayark.com/g/cytus/

ゲーム進行
画面中に表示されるポイントをタップ、スワイプしながら進める音ゲー。ゲームのダウンロード数が増えると曲リストが解禁されていく。

備考
独自のリズムアクションになっており、ゲーム性が抜群。全曲オリジナルで、ボカロPなどさまざまな人が楽曲提供をおこなっている。

音ゲー好きには手放しでおすすめするアプリ。
いままでの音ゲーはシーケンスが上から下に下りてくるパターンが基本でしたが、このゲームはそうではないので音ゲースキーとしては震えました。

また、高難易度の設定もあるのでやりこみも十分できます。
グラフィックや曲のクオリティが高く、無料でいいの?と疑問に思うレベル。チャプター3「Halcyon」やチャプター2「ENTRANCE」などがおすすめの曲です。
あまりにやりすぎて電車内で指がつって悶絶した思い出がありますw

>>Androidダウンロードはこちら<<

>>iTunesダウンロードはこちら<<

オタサーの姫

http://pittite.strikingly.com/

設定
オタサーに入ってきた女の子を囲い、姫化させるストーリー。
サークル活動をして姫の“カリスマ”を上げレベルアップを目指したり、部費(オタクやサークル活動の種類を増やせる)を集めたりしながら、女の子を素敵なオタサーの姫に育てる。

ゲーム進行
一定時間経つと部室前にオタクが出現。入部させることで“カリスマ”があがる。出現するオタクの上限数やオタクの種類を部費で増やし、有利にすすめましょう。いわゆる放置型育成ゲーム。

備考
一定の確率で出現するチャラ男属性のあるオタクの入部、あるいはサークル活動で失敗すると、姫が退部する。そうすると新たな姫を入部させて、最初からやり直しとなる。

入部したての女の子が“カリスマ”を得ることで、だんだん洗礼されていく様子が面白いです。
また、キャラクターデザインは「ハイスコアガール」などで知られる漫画家の押切蓮介氏。初期の姫やオタクの容姿がなんともひどいですが、それも含めて楽しめます。
内部課金がありますが、課金せずともTwitterなどでシェアすれば有利にすすめることができます。

>>Androidダウンロードはこちら<<

>>iTunesダウンロードはこちら<<

FINAL FANTASY Record Keeper

http://ffrk.jp/

設定
歴代ファイナルファンタジーのいいところを凝縮したようなRPG。

備考
それぞれの世界でキャラクターを仲間にでき、パーティを組むことができる。

各世界で要所要所のボスと戦えちゃうもの。歴代シリーズをやってきた人にとっては、懐かしくてたまりません。
自分の好きなキャラクターたちでパーティを染めることも可能になっています。

FFをやったことがなくてもストーリーをサクッと楽しめるので、この機会にぜひ。

>>Androidダウンロードはこちら<<

>>iTunesダウンロードはこちら<<

リトルノア

https://littlenoah.jp/

設定
各種特性をもった兵士を仲間にし、各エリアを攻略していくリアルタイムストラテジーゲーム。

ゲーム進行
自分の陣地に他のプレイヤーが攻め込んできたり、塀や罠、大砲を設置しつつ自分も他プレイヤーを攻めたりします。

備考
巨大ボスを他のプレイヤーと一緒に倒すレイドなどもある。

箱庭系ゲームはすこし苦手なんですが、キャラクターデザインにボクがやりこんでるFF14やブレイブリーデフォルトでおなじみの吉田明彦氏、サウンドコンポーザーにFFシリーズなど手がけてる崎元仁氏が携わっているなど、FFスキーのボクとしては自然とのめりこみやすかったです。

キャラクターがマップ上でちまちま動いて一生懸命、剣を振るっているのは、なんだか可愛くて和みます。

>>Androidダウンロードはこちら<<

>>iTunesダウンロードはこちら<<

絶版マンガ図書館

http://www.zeppan.com/

最後は、ゲームではなく漫画アプリの紹介になります。
最新のマンガではなく、懐かしいラインナップが勢ぞろい!
絵を見るだけで何年前のマンガ?と思うものもあり、今だと中古本屋などでしか見かけない漫画もあるかもしれません。
「サラダデイズ」や「密・リターンズ」「ラブひな」「3年奇面組」など、なつかしい!と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ダウンロードをすれば本棚から閲覧できるようになっているので、ネットワークが断線しちゃう地下やトンネルを通る電車でも気にせず楽しめます。
もしかしたら昔好きだったマンガが見つかるかもしれませんね。

>>iTunesダウンロードはこちら<<

最後に

いかがでしょうか。
かなり主観的……というか、ボクがスマホで日常的にやりこんだり使ったりしているアプリなので当然なのですが、気になった方がいらっしゃいましたらダウンロードして遊んでみるといいと思います。

それでは!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP