ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

除草のプロ山羊 4月下旬から10月末までの期間労働生活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これから夏にかけて、どんどん生い茂る雑草は悩みのタネ。空き地などに背の高い植物が密生すると安全面でも問題があり、東京・町田市の山崎団地でも数年前まで頭を抱えていた。

「そこでやって来たのが、ぼくたちマチヤマブラザーズでございます!!」

 約4000世帯が暮らすこの団地には、将来道路を造る予定の空き地があり、年に一度草刈り機で処理してきたが、3年前からヤギ(マチヤマブラザーズ)による除草を導入した。

「ぼくたちヤギは毎日たくさんの草を食べるので、年間を通して雑草をある程度の高さに抑えることができるわけです。さらに騒音なしで、CO2排出量の削減、刈った草の処分の必要なしと、いいことずくめです」

 そう言って胸を張る彼らは、子ヤギのときから除草作業に従事するように育てられてきた、プロ集団。

「だって干し草しか食べないヤギですと、仕事にならないでしょう?」

 彼らは4月下旬にここへやって来て、雑草がなくなる10月末まで働いたあと牧場へ帰る季節労働ヤギなのだ。

「寂しいと思いますよ、帰るときは。以前、別の場所で働いていた同僚は、お別れの時に子供から泣かれたって、牧場で涙ぐんでましたから…」

 仕事をしながら癒しも与えるヤギ除草は、これからますます増えていくのかもしれない。ヤギは1日に体重の約3%の重量の干草を摂取。ちなみに町田山崎団地にいるヤギ4頭の平均体重は約45kgで、1日に約7~10kgの雑草を食べるという。

【プロフィール】
名前:マチヤマブラザーズ ♂
年齢:1~2才
種類:山羊(日本ザーネン種)
勤務先:町田山崎団地の空き地
職種:除草業
主な仕事内容:雑草を食べて空き地をきれいにする。
お給料: 空き地に生えた雑草
好きなこと: 団地のみなさんから感謝されること。
嫌いなこと:雨 。
現在の悩み:秋になったら団地のみんなとお別れしなくてはならないこと。
将来の夢:日本中の雑草を、食べ尽くします!!

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
豊かな日本社会で見捨てられる“団地”の今を考えさせる映画
原発20km圏内の民家内を牛が占拠 部屋から出すのは困難
漫画から名付けた石巻焼きそば店『味平』 原作者来店し公認

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP