ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

室伏広治「人間の素晴らしさは限界を超えるプロセスにある」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年5月、28才の一般女性との入籍を電撃発表した、陸上男子ハンマー投げの室伏広治(40才)。ハンマー投げにはあまり興味はないものの、「彼の結婚だけはショックだった」と嘆く女性ファンが続出した。端正な顔立ち、ストイックで寡黙な佇まい、屈強な肉体、大学教授を務める知性。週刊誌の取材でプライベートを語るのは初めてという室伏の、知られざる素顔に迫った。

 ハンマー投げは重量7.26kgの鉄の塊(いちばん重いボウリング球とほぼ同じ)を、遠心力を利用してより遠くへ投げる競技。手からハンマーを離すリリース時は体に400kg近い張力がかかるため、大きな負荷に耐え得る強靭な肉体が必要となる。

 これを可能にするのは、389kgを誇る背筋力。「霊長類最強」と呼ばれた男子レスリングのアレクサンドル・カレリン選手の全盛期が400kg超だから、室伏もほぼ同格だ。以前、プロのスポーツ選手たちが身体能力を競う人気番組『筋肉番付』(TBS系。2005年まで放送)では、室伏が出場するとパワーのレベルが違いすぎて、ほかの選手の“2位決定戦番組”になってしまうため、出演オファーができなくなった…という逸話もある。

「年齢とともに筋力の衰えは感じますが、維持できる部分、伸ばしていける部分はあります。それは中枢神経系にまつわる動作で、動きの質を高めて効率よく動いたり、小さな力で大きな力を生むことができるのです」(室伏)

 室伏は准教授を務めた中京大学の大学院で「スポーツバイオメカニクス」と呼ばれる研究分野を手がけ、「身体の運動」に関する科学を追究してきた。その理論と競技の経験に基づき生まれたのが、独自トレーニングの数々。一見ギョッとする、乳児のハイハイや手足をばたつかせる動作を真似た「赤ちゃんトレーニング」、漁師にヒントを得た「投網投げトレーニング」などはよく知られるところだ。

 現在、室伏は2016年のリオデジャネイロ五輪出場を目指す一方、要職にある組織委員会と東京医科歯科大学で激務をこなす日々。

 組織委員会では「スポーツディレクター」の肩書を持ち、堪能な英語コミュニケーション力を生かして国際オリンピック委員会(IOC)などを相手に国際渉外を担当している。

 大学では、けがの予防・リハビリなどの面からアスリートを支援するスポーツサイエンスセンターのセンター長として研究・指導にあたる。

 さらに、市民スポーツにも積極的に参加。東日本大震災の復興支援として、若手選手らと福島県いわき市で小学校の運動会に参加したり、7月24日~8月7日に行われる青森︱東京間を市民がたすきでつなぐマラソン「1000キロ縦断リレー」では、親善大使として参加者と一緒に走る予定だ。

「東日本大震災以降、多くの選手が被災地を訪ねて励まし、励まされました。スポーツを通しての社会貢献にもアスリートの役割があると思います。もちろん、競技生活との両立は一筋縄ではありません。私は、人間の素晴らしさは、不可能と思えることに挑戦し乗り越えていく力、自分の限界を超えていくプロセスにある、ということをスポーツを通して学びました。そこに至るには、肉体だけでなく精神とのバランスが必要で、私もそれを極める道半ばです」(室伏)

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野田首相 日本人が抱く海外への複雑な思いにプロレスが影響
【書評】過去半世紀スポーツ界で行なわれた不正を詳述した本
室伏広治が新婚生活語る 「食器をすぐ洗う」等家事にこだわる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP