ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アジアの虎から転落の韓国サッカー Jリーグに学べの大合唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国でサッカーといえば、国技といってよいほど人々が誇りを持つスポーツだ。日韓サッカー界は切磋琢磨する存在ながら、2002年の日韓W杯4位の快挙をはじめ、韓国は日本の一歩先を歩んできた。しかし、昨今、その関係が変わりつつある。フリーライターの張赫氏がレポートする。

 * * *
 現在、発表されている国際サッカー連盟(FIFA)のランキング(6月4日発表)は日本52位、韓国58位。代表順位こそ拮抗しているが、今年のACL(*)では明暗が分かれた。

【*AFCチャンピオンズリーグ。アジア大陸の王者をかけて、日本、韓国、中国、豪州をはじめとするトップリーグの上位チームが出場する】

 韓国は水原三星、FCソウル、城南一和の3チームが決勝トーナメントの1回戦で姿を消した。ベスト8に進出したのは全北現代のみ。一方の日本は柏レイソル、ガンバ大阪が順調に勝ち進み、優勝の可能性を残す。韓国メディアはそうした結果を嘆いてか、こんな見出しをつけて報じていた。

「“アジアの虎”から転落したKリーグ」(朝鮮日報)。

 嘆くばかりではない。敗因についての声は、日本を引き合いに出したものが目立っていた。まずはスポーツ紙の『スポーツ京郷』がそのことについて、「減量経営のJリーグ、なぜアジアでうまく行くのか」という見出しをつけて、「Jリーグは韓国と同じような減量経営(コスト削減)でも、今年のACLで善戦している」と指摘。その上で、蔚山現代のユン・ジョンファン監督(昨年のサガン鳥栖監督)の言葉をこう紹介していた。

「日本は必要であれば投資をする。最近は韓国にレベルの高い外国人選手が見当たらないが、日本は優れた外国人に対しては惜しまずお金を出す」

 Jリーグも近年は経営の難しいクラブが多いと指摘されているが、セレッソ大阪が呼び寄せたウルグアイ代表のフォルランのケースがその一例だろう。そして、同紙はガンバ大阪のユースから育った日本代表の新エース・宇佐美貴史(23)を例に挙げ、大金が必要とされないユース育成システムについても説明していた。韓国のスポーツ紙記者が語る。

「約20年前までは日本のサッカーは韓国サッカーの相手ではありませんでした。しかし、Jリーグが1993年に発足し、日本代表がW杯フランス大会からW杯に連続出場して以降は、状況が変わりました。

 Jリーグが地域密着に成功し、次々とスター選手を生み出す一方、Kリーグの各球団は企業努力に欠け、2011年に八百長が発覚してからは客離れも深刻化。選手の人材発掘も高校や大学のエリートを獲得するばかりで、“育成”の観点がありませんでした。当然、代表チームの人材不足にも直結します。韓国では自分たちの立ち位置を認識し、日本のサッカーから学ぼうという風潮があるのは事実です」

 驚いたのが昨年、韓国プロサッカー連盟がKリーグの各クラブに「Jリーグに関するマニュアル」を配布したことだ。Jリーグがスタートした背景、選手契約及び登録制度、人材育成、アジアサッカー戦略などを伝えることで、JリーグとKリーグの運営システムを比較し、チームに役立てようというものだ。

 昨年1月には『京郷新聞招待 韓日サッカー産業交流フォーラム』が開催され、日韓のサッカー関係者ら400人が集まった。そこではJリーグから学ぼうという意欲からか、様々な質問が飛び交った。

 主催者側でもある『京郷新聞』は「危機のKリーグ、10年後輩のJリーグから学ぶ」という大胆なタイトルをつけて、その日の様子を伝えた。

 どんな分野においても、身近にライバルがいてこそ成長する。日本と韓国が互いに良いところを吸収すれば、アジアに留まらず、世界に驚きを与える日が来るに違いない。

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国人 本田のJリーグへの発言受け「韓国へおいで」と絶賛
大韓サッカー協会HP「サッカーの起源は朝鮮半島」で抗議殺到
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。