ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会社の不正VS社畜軍団!江口洋介主演、山一證券破綻を描く本格社会派ドラマ『しんがり』

DATE:
  • ガジェット通信を≫
会社の不正VS社畜軍団!江口洋介主演、山一證券破綻を描く本格社会派ドラマ『しんがり』

山一證券の自主廃業を描いた本格社会派ドラマ『連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~』が9月よりWOWOWにて放送されることが決定した。

原作はジャーナリストで元読売新聞記者・清武英利のノンフィクション『しんがり 山一證券 最後の12人』(講談社刊)。1997年11月、四大証券の一角を占める山一證券が自主廃業を発表した。誰もが予想だにしなかった巨大金融企業の破綻は、日本経済に大きな打撃を与えるだけでなく、日本の終身雇用の終わりを告げる事件ともなった。
その要因となった二千六百億円の簿外債務は、いつどのように生まれ、どのように隠しつづけられたのか。役員までもが沈没船から逃げ出す中、最後まで会社に踏みとどまり、真相究明と顧客への清算業務を続けた社員たち。彼らは社内から”場末”と呼ばれ、煙たがられた部署の連中だった。

理不尽な会社の不正への怒りを胸に、すべての社員、顧客、そして家族のため、使命感で自らを奮い立たせる”しんがり”たち。現代社会で働くすべての人々の心を射抜く、熱き社会派ヒューマンドラマの誕生である。

主演は江口洋介。共に闘う仲間に、萩原聖人、林遣都、真飛聖、勝村政信らが。さらに、破綻の元凶を作った会長役に岸部一徳など、個性豊かな演技派俳優が名を連ねる。監督は、迷走する巨大企業の内情を描いた映画『沈まぬ太陽』でメガホンを取った若松節朗。

江口は、「最初に原作を読ませていただいて、12人の社員の方々が成し遂げたことの凄さに感銘を受けました。原作者の方がこの作品はドラマ向きではないとおっしゃるように、このドラマには専門用語や事実の説明も数多く出てきます。しかし、ドラマ向きではないものを、どういう風にドラマらしくしていけばよいのか、山一證券の破綻を追ったドキュメンタリーではなく、人々の心に響く作品になるようにどうすればよいのか、スタッフと話しながら一歩ずつ制作しています」と力強いコメントを残している。

『連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~』は9月20日(日)放送開始《第1話無料放送》
毎週日曜22:00~WOWOWプライムチャンネル
(C)WOWOW

■参照リンク
『連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~』公式サイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/shingari/

関連記事リンク(外部サイト)

ニャンコVSニワトリ!高速猫パンチをメイウェザーばりにかわしてエサを狙う!【動画】
箭内道彦VS.TOSHI
まさに誰得実験!世界一タフな銃・AK
社畜は直帰せず死んでも会社に戻れ!『マッドマックス』ジャンキーXLのサントラがカッコいい
巨大バッファローVSシカ!男には敗北と分かっていても闘わなきゃいけない時がある

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。