ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トウモロコシの天ぷらの季節が今年もやってきたわけだが / 夏の究極メニュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏の食べ物で何が一番好きかと訊かれたら、「クーラーのきいた部屋で食べるトウモロコシの天ぷら」と答えるようになって何年か経つ。

・かき揚げタイプか固まりタイプか
トウモロコシの天ぷらには、原型を残したまま固まりで揚げるタイプと、かき揚げタイプ(実がばらけたもの)の2種類がある。

どちらも旨いが、私が好きなのはトウモロコシの歯ごたえがより楽しめる前者だ。ハマったきっかけも、三宿の『庵狐』で食べた固まりタイプだった。もちろん、サクサク感を重視するかき揚げ派もいる。

・夏場の渋谷『すしざんまい』は24時間提供
トウモロコシを揚げているわけで、糖質と油の化身のような気もするが、特に夜に食べると背徳感がなんとも言えず、中毒性が高い。

その後、渋谷の『すしざんまい』で夏場は24時間提供されていることを発見し、夜中に寿司とともにラーメン代わりに食したことも何度かある。ちなみに、『すしざんまい』も、トウモロコシの天ぷらは固まりタイプで提供している。

今年は梅雨のせいですっかり失念していたが、今夜、好物なのを知っている友人から送られてきた写真により、その旨さを思い出してしまった。

明日は渋谷に出る用事があるので、さっそく昼に『すしざんまい』を訪問予定。まだ食べたことがないという方は、ぜひ今夏、体験してみてほしい。

https://youtu.be/QuG7G118nQg

執筆: 鈴木収春(不明研究室) http://fumeiya.net/

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/14/tomorokoshi/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。