ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「チベット人の心をもっと知ってほしい。」映画『ルンタ』池谷薫監督インタビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

筆者撮影

こんにちは。TRiPORTライター、赤崎えいかです。皆さんが「チベット」と聞いてイメージするものはなんでしょうか? メディアでのニュースや映像、ダライラマや仏教のことなど…。その印象は人によって様々だと思います。今回は、私たちの知らなかったチベットが新たに描かれている最新作『ルンタ』について、池谷薫監督にお話を伺いました。

知らないことは罪

初めてチベット人と出逢ったのはいつですか?
僕が最初にチベット人に会ったのは30年前。北インドのラダックを訪れた時でした。いろんなトラブルが重なった上に風邪と高山病になってしまって、そのときチベット人に助けてもらったんです。民家に担ぎ込まれて、「動くな。動いたら死ぬからじっとしてろ」って言われて、三度の飯を食べさせてくれた。見知らぬ異国の旅人をまるで家族のように介抱してくれたんです。そんな経験をしてから、チベット人がすごく気になる存在になりました。
その旅を終えてから、チベットのことをちょっと勉強したら、ダライ・ラマや多くのチベット人が亡命していること、難民としてインドや他の国に散らばってしまっていること、その背景として中国の弾圧があるということを知りました。

ー日本に帰国してチベット問題を知ったとき、どのような気持ちになりましたか?
あんなに陽気で楽しそうで、愉快な人たちが、そんな苦しみを一方で持っていたんだということを知って、大変なことだと思いました。知らないってことは報道もされていないし、正しく知らされていないってことですよね。僕は表現する側の人間だから、弾圧されている事実、現実、苦しみを抱えたチベットをちゃんと知ってもらいたいって思いました。知らないことは罪だなって思ったんですね。

ーチベットでの撮影はどのようなものでしたか?
チベット本土で映画を撮るというのは実は大変なことなんです。見つかれば拘束されるリスクもある。でも、そんなことは当然覚悟していました。それより僕らと関わったチベット人が捕まってしまう危険があるわけです。もし僕らが捕まって、チベット人が政治的なことを話しているテープが見つかってしまったら、それだけで彼らは5、6年の刑期を受ける。
だから「チベット本土に入ったら政治的な話は一切チベット人には聞かない」と決めていました。僕らの映画のために一人のチベット人も傷つけてはなりませんから。それは絶対に守ろうと。

映画『ルンタ』公式サイトより

命をかけて守ろうとしているもの

ー撮影中に印象的だったことはありますか?

撮影前半のダラムサラでは元政治犯たちの証言をたくさん集めたけど、そこで僕はいい意味で裏切られたんです。捕まって刑務所で拷問を受けた話を聞くわけだから、辛くて重い話になるのだろうと覚悟していたんだけど、むしろ清々しさを覚えたんです。例えば、平和的デモを行って捕まり厳しい拷問を受けた元尼僧は「全然後悔なんかしていない」「看守たちと互角に闘えたと思ってる」と笑顔さえ浮かべて言いました。
メディアの前で決死の抗議活動を行った青年僧は、殺されたかもしれないそのときの恐怖を「怖かった」と正直語っています。その表現力に僕は驚いたんですよ。チベット人っていうのは、ただかわいそうな人たちというのではない。自分をこんなふうにちゃんと律して、しかもこんなふうに豊かに語れる人たちなんだなと思った。そう思うと同時に「この人たちが命をかけて守ろうとしているものはなんだろう?」って。それをチベットに撮りに行こうと思ったんです。
だから、チベットで「今、どんな苦しみや弾圧がありますか?」と聞くのではなく、むしろ彼らが守ろうとしているアイデンティティだとか、文化だとか、ふるさとを撮ろうと思ったんです。『ルンタ』の後半には、チベットの大自然やそこに根ざして生きるチベット人たちの伝統的な暮らしが出てきます。それは放牧している姿だったり、お経を口ずさみながら乳しぼりをする姿だったり、子どもを可愛く映してもらおうとおどける母親だったり、どこの国にもある自然な風景です。馬に乗ったイケメンの若者たちも、話してみると日本のそこらへんにいるお兄ちゃんたちと一緒なんですよ。ぜひ皆さんもチベットに行って、チベット人に触れほしいと思います。

映画『ルンタ』公式サイトより

ーチベットに行くのは、簡単ではないのでは?
そんなことないですよ。みんなチベットというとチベット自治区のことを指すと誤解しているけど、そうじゃないんです。自治区の他にも四川省、青海省、甘粛省、雲南賞の一部にチベット人の居住区があり、日本人なら15日以内はビザなしで旅行できるんです。
例えば、四川省の成都からバスで2日ぐらい行ったら、もうチベット人が暮らすエリアに入るわけですよ。だから、決して行くのが難しいわけではない。

次回は主演の中原一博さんについて、池谷監督にお伺いします。

7月18日(土)渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開 他全国順次公開
池谷薫監督『ルンタ』公式サイトはこちら

(インタビュー・構成:赤崎えいか
Photo by: 映画『ルンタ』公式サイトより

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP