ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神田沙也加 『アナ雪』以来の声優作品で人気実力No.1声優・梶裕貴と共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 『STAND BY ME ドラえもん』を手掛けた白組の最新アニメ映画『GAMBA ガンバと仲間たち』で、『進撃の巨人』のエレン役で知られる梶裕貴と、『アナと雪の女王』の神田沙也加がメインキャラクターの声を務めることが分かった。

 本作は、都会で暮らす街ネズミたちが見たことのない海を目指す旅の途中で、敵のイタチからある島を救い出そうとするアドベンチャー作品。『ALWAYS 三丁目の夕日’64』や『寄生獣』など数多くのヒット作を世に送り出してきた映像製作会社・白組が、企画構想15年、製作期間10年、総製作費20億円をかけて創り上げた渾身の作品だ。

 そんな超大作の主人公、ガンバの声を務めるのが、『進撃の巨人』エレン役や『七つの大罪』メリオダス役などの人気アニメの主演を数多く務め、声優アワードで2012年度、2013年度と史上初の2年連続で主演男優賞を受賞した梶裕貴。雑誌『アニメージュ』の読者投票でもアニメグランプリ声優部門で2012年、2013年と2年連続で1位を獲得した、人気・実力ともにNo.1の若手声優だ。

 また、ガンバに故郷の島をイタチから守るよう頼む忠太の姉で、本作のヒロインである潮路(しおじ)役を演じたのが、“アナ雪”旋風で日本を沸かせた『アナと雪の女王』のアナ役で大ブレイクを果たした神田沙也加だ。子供からの人気と知名度が抜群に高いことが起用の決めてとなった神田は、邦画では声優初挑戦となる本作の劇中で物語のキーとなる歌を披露している。

◎公開情報
『GAMBA ガンバと仲間たち』
2015年10月10日(土)より2D/3Dロードショー
原作:『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』斎藤惇夫、薮内正幸(岩波書店刊)
監督:河村友宏、小森啓裕
声の出演:梶裕貴、神田沙也加ほか
製作・アニメーション制作:白組
配給:東映
(C)SHIROGUMI INC., GAMBA

関連記事リンク(外部サイト)

神田沙也加、“アナ雪”歌う? には「ノーコメント」 「表参道高校合唱部!」で副顧問役
神田沙也加がメリル・ストリープとリラ・クロフォードの前で生歌披露
アナ雪最新短編作『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』から新たなビジュアル写真公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP