ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風水専門家 不運が続いてきた人に土用は起死回生の好機と指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 季節の変わり目は運気が乱降下すると語るのは、ユミリーこと風水建築デザイナーの直居由美里さん。今回は、夏の土用をスムーズに乗り切る方法を教えてもらいました。

 * * *
 土用というと丑の日のウナギを連想する人が多いでしょうが、土用は7月だけでなく、1月、4月、10月と年に4回あります。  

 風水の基礎となっている東洋の暦では、季節が変わるのは二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬です。そして、この4つの節気の前の18日間を土用と呼びます。

 今年は立秋が8月8日ですから、土用は7月20日から8月7日までです。丑の日にウナギを食べる由来は諸説ありますが、江戸時代の学者、平賀源内のアイディア商法だったという説が有名です。

 夏の土用の丑の日には梅やうどんなど「う」のつくものを食べる風習があり、暑さで体力を消耗する時期なので、ウナギで栄養を摂ろうと源内は考えたのです。

 十二支は年月日だけでなく、方位も示します。土用は未の月で立秋が過ぎると申の月。「ひつじさる」は南西、裏鬼門の方位です。

 立秋を過ぎると暑中見舞いは残暑見舞いとなりますが、8月は暑さの盛りで「立秋は暦の上だけのこと」と感じている人が多いはずです。

 しかし、6月22日の夏至をピークに昼の長さは徐々に短くなっています。地上界は連日の猛暑が続いても、天界の「気」は立秋を境に秋に切り替わるのです。

 運気の安定している人は、常に一歩先を見て準備しています。そして、運気のアップダウンの激しい人は、その場しのぎの生き方をしています。

 裏鬼門である夏の土用が運気に大きな影響を与えるのは、夏から秋になると、陰の力が伸びていくからです。これまで運がよかったからといって、油断していると運気はたちまち反転します。いい気になってTシャツ一枚で過ごしていたら、雪が降って寒さで凍えるようなものです。

 一方、これまで不運が続いてきた人には、土用は起死回生のチャンス。季節の変わり目は運気が混沌とし、上昇の手がかりをつかめば、一気に運がよくなっていきます。

 重要なのは、運気は季節と同じく移り変わりがあると知っておくこと。運の良さを自分の実力と勘違いして傲慢になったり、一時的な不運に見舞われて自暴自棄になってはいけません。

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
7月20日から始まる土用の丑 背景に陰陽五行の思想と風水師
価格高騰中の鰻 土用の丑の日はステーキやカルビ食えと提案
運気をリセットするには、年の切り替わりに塩で玄関を浄化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP