体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超特急、ガチャピン&ムックと“ガチャムク超特急”を結成!?

超特急初のTVCM出演となる地肌ケアのシャンプー「h&s」(P&G)のPV撮影にガチャピンとムックが参加。TVCMと合わせて、期間限定でユニット“ガチャムク超特急”を結成することがわかった。

シャンプー「h&s」(P&G) PV (okmusic UP's)

ダブルセンターを務めるのは、ガチャピンとムックに合わせ、担当カラーが“緑”の4号車・タクヤと“赤”の5号車・ユーキ。TVCMおよびPVでは、“ガチャムク超特急”でレコーディングした楽曲「毛穴ケアのうた」が使用される。

この曲はメキシコの民謡を元にした「ラ・バンバ」の替え歌となり、ガチャピンとムックのラップも披露されている。PVは銭湯のオーナーであるガチャピン、番頭のムック、従業員の超特急が、銭湯を訪れたお客様をハッピーにすべく、楽しく歌って踊りながら仕事に励んでいる…という設定。撮影は実際に営業している昔ながらの銭湯で行われた。超特急の7人は、シャワーや蛇口が並ぶ狭い洗い場でのダンスに少し苦戦している様子も見られたが、コミカルな楽曲と振付けに終始楽しそう。

撮影後に行われた取材では、ガチャピンとムックに超特急メンバーがポーズ指導し、一緒に「僕たちは、ガチャムク超特急です!」と挨拶。また、おなじみの超特急の自己紹介に続いて、「55号車、チャレンジャー担当、えっと…ガチャピンです!」「69号車、食いしん坊担当、お菓子係のムックで~す!」とガチャピンとムックも元気に自己紹介。超特急メンバーは「完璧! うれし~!!」と大喜び。初CMについては、「個人的に美容や化粧品が好きなので、初めてのCMが『h&s』ですごくうれしいです」(タクヤ)、「初コラボがガチャピンさんとムックさんで、本当によかったなって。イメージカラーが赤で得したなって思いました(笑)」(ユーキ)と語った。「今後このユニットでやってみたいことは?」という質問では、「せっかくユニットを組めたので、一緒にライブしたい」(カイ)と盛り上がる中、ガチャピンから「僕たちみんなで『紅白』っていうのは?」と大きな夢も飛び出した。

「毛穴ケアのうた」のPVは、お台場夢大陸、P&G「h&s」特設サイト(7月14日~)ほかで展開。TVCMの方は、PVと打って変わり、白衣を着用して研究員に扮した超特急7人が、夏の女性の「地肌のケア」を研究した成果として、『h&s』の効果性能をガチャピンとムックにレポートする内容となる(8月5日より全国放送スタート)。

■P&G「h&s」特設サイト
https://www.myrepi.com/hssummer15special

【ガチャムク超特急 コメント】
■1号車: コーイチ / コメント
初のCMはなんとガチャピンとムックとのコラボ! 僕たちと同じく、何事にも全力でチャレンジするガチャピン、そしてムックとの息もぴったりなので、いつもよりも大きなエネルギーを発することができると思います。ぜひとも”ガチャムク超特急”そして「h&s」をよろしくお願いします!

■2号車: カイ / コメント
CMが決まって心から嬉しいです。スペシャルユニット「ガチャムク超特急」も結成ということで、老若男女に愛される、ガチャピン・ムックのように超特急も「h&s」も多くのかたに愛して頂けるよう全力で取り組みたいと思います。

■3号車: リョウガ / コメント
超特急初のCM!!そしてガチャピン・ムックとのコラボ!!!!光栄すぎて白目になりそうです。”ガチャムク超特急”で歌ってダンス!! このユニットで全国の子どもたちと一緒に「毛穴のうた」を踊りたいですね。

■4号車: タクヤ / コメント
大人気のガチャピンとムックと一緒に出演できるなんて光栄だし、とても嬉しいです。”ガチャムク超特急”としてCMを広めていくので、子どもから大人まで愛される商品になってほしいです。

■5号車: ユーキ / コメント
夢にまでみた超特急での初CM、そしてそれがP&G「h&s」のシャンプーということで、僕たちのCMをみて全国のみなさんに愛用していただけたらうれしいです。そして僕たちの初コラボでみんなが笑顔に、そして幸せになってもらえたら嬉しいです。

■6号車: ユースケ / コメント
ダンスがキレッキレ!なのに歌もできちゃうなんて!!なんでもできちゃうガチャピン・ムックには尊敬です! ガチャムク超特急にしかできないパフォーマンスも生まれて、あらたしいグループが誕生しました! このグループでCM「h&s」を伝えていきたいと思います!

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy