体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

凛として時雨、9月にミニアルバムリリース&全国ツアー開催を発表

エンタメ

凛として時雨が待望ともいえるオリジナル音源を5曲収録したミニアルバム『es or s』を9月2日にリリースし、全国ワンマンツアー『凛として時雨 S.O.S. Tour 2015』を行なうことが明らかとなった。

凛として時雨 (okmusic UP's)

映画『劇場版PSYCHO-PASS サイコパス』の主題歌となった「Who What Who What」から僅か8ヶ月というスパンで送り出される新たなオリジナル音源5曲からなる今作は、凛として時雨初となる海外レコーディングを敢行。TK(Vo&Gt)、345(Vo&Ba)、ピエール中野(Dr)のメンバー全員が向かったのはドイツのベルリンにある、デヴィッド・ボウイの『ロウ』から始まるベルリン三部作やU2の『アクトン・ベイビー』など数々の名盤を生み出したハンザ・スタジオ。デヴィッド・ボウイやU2を始め海外からドイツを目指した多くのアーティストが、歴史的にそれまでの路線から大きな転換期を迎えたタイミングでこの古風なスタジオを敢えて選択しており、ベスト盤を経た新たなるフェーズの始まりにTKが静寂に支配されたベルリンの伝説のスタジオを目指したのも偶然ではないであろう。渡独し、ベルリンに滞在した11日間のうち、撮影に費やした日程を除けばほぼ毎日、昼夜通してスタジオの独特の空気感をも封じ込めるべく濃密な8日間のレコーディングが行なわれ、その永い歴史に裏打ちされたコンソールを経由したその音の粒子はこれまでの時雨の作品のいずれとも趣を異にする独特の音像をもって胸に迫る作品となった。

初回生産限定盤には、こちらもバンド初となるアナログ7インチレコードが付属されている。アナログのカッティング作業は、数々の有名なクラブが乱立しテクノの聖地としても知られるベルリンの現地のマスタリングスタジオ”ダブプレイツ&マスタリング”にて自身もテクノ・プロデューサーとして活動するベテラン・エンジニア:マイク・グリンザーによって繊細な職人的意匠が施され、まさに空気を震わせるようなダイナミックなアナログ・サウンドをレコードの溝に刻み込むことに成功している。さらに、今回のセッションに同行したベルリン在住の音楽ライター浅沼優子氏によるスペシャルライナーノーツが収められた豪華フォトブックも付属。メンバーのインタビュー、レコーディング風景を切り取った写真を交え綴られており、TKの撮影によるフィルム写真を含めて構成されたものとなっている。

このCDには新たなる凛として時雨の今後の動向を占うべき5曲の異なる物語を収録している。鋭利で硬質なギターのカッテイングによるイントロからキックの四つ打ちに至るダンサンブルでゴージャスなサウンドと美しくもアグレッシヴな歌詞世が交錯するミニアルバムのタイトルのアナグラムとしての表題曲「SOSOS」 、ブレイクビーツのようにシンプルなドラムが印象的な新機軸「Mirror Frustration」 、美しい歪みを纏ったワイルドなディストーション・ギター&地を這ううねるベースのグルーヴに支配されたガレージ感を有した緻密なサウンド・スケープ、意味深なタイトルのロックンロール・チューン「Karma Siren」、浮遊感を有したギターのアルペジオが誘う透明感に包まれたTKのマインドワールド「Tornado Mystery」 、ラストを飾るのは映画のラスト・シーンのように意識を何処か遠くへ運んでゆく終わりなき焦燥感を描き出す「end roll fiction」。聴き終えた後にはまるでベルリンで撮影された一本のロードムービーを見たような浮遊感漂う眩暈にも似た感動に支配されることだろう。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会