体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイエット中でも安心!話題の「チアシード」でひんやり夏のデザートレシピ

150713_rawsweetsjelly 山本絵奈

山本 絵奈

ローフード研究家

「sweetsremedy labo」主宰。2010年日本リビングビューティー協会・ローフードマイスター1級取得。特にスイーツ好きが嵩じて、カラダによく、ダイエット中の女性やアレルギーが気になる方でも安心して食べることができる、ロースイーツの研究に従事、紹介している。ローフードのワークショップやロースイーツ教室を開催。また、全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクターとしても活躍する。

みなさん、チアシードはご存知ですよね?数年前から、アメリカでは健康志向の人や、ローフーディストたちの間で重宝がられ、オーガニック食材専門店などで販売されていたチアシード。ようやく、日本でもスーパーなどで手に入るようになってきました。でも「食べたことない」「食べ方が分からない」という人も多いのでは?

shutterstock_139448654

チアシードは吸水性が高く、水を含むと何倍にも膨れ上がり、ジェル状のようになります。このジェルはグルコマンナンと言うそうで、コンニャクに含まれる成分と同じもの。とろりとした独特の食感が持ち味で、その特性を活かしてスムージーやドレッシングに加えたり、私はフルーツにプラスして、簡単にロースイーツを作って楽しんでいます。腹持ちするから、ダイエット中の人には特におすすめ。

食欲が落ちるこの時期は、フルーツにチアシードをプラスするだけで、簡単に栄養が摂れて、美味しくて夏バテ知らず!

クリームとプリンの二層仕立て
マンゴーチアシードプリン

11696838_10204528228992087_1732124085_n

<材料>2人分
完熟マンゴー:200g
チアシード:大さじ2
水:1/4カップ
ライム:1/4個
(クリーム)
生カシューナッツ:1/2カップ
水:1/3カップ
アガベシロップ:大さじ1
バニラエクストラクト:小さじ1
塩:少々

11713542_10204528229112090_755079559_n

<作り方>
①生のカシューナッツは3時間以上浸水し、よくすすぎ洗いしておく。
②マンゴーと水、ライムをブレンダーに入れ撹拌する。
③そこにチアシードを加えて、ダマにならないよう泡立て器などでよく混ぜ合わせる。タッパーなど密封容器に入れて冷蔵庫で2〜3時間以上冷やす。
④浸水させたカシューナッツにクリーム用の材料をすべて入れてブレンダーで撹拌。
⑤冷やしておいたマンゴープリンを器に盛りつけ、上からクリームをかけてできあがり。

グレープフルーツは
皮を器に見立てて

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy