ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】“幻の戦闘機”「紫電改」 国内で唯一実機が見られる展示館

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2015年は「戦後70年」。旧日本海軍で最もすぐれた戦闘機で知られる「紫電改」が、国内で唯一現存している場所がある。愛媛県愛南町の「紫電改展示館」だ。
紫電改は、ゼロ戦に代わる新鋭機として、太平洋戦争の終戦間際に開発された。昭和53年(1978)、南宇和郡城辺町久良湾の通称「長崎鼻」沖の約41mの海底に、原型のままで沈んでいるのを潜水中のダイバーが発見。翌年に、34年ぶりに引き上げられ、南レク馬瀬山頂公園に紫電改展示館が建てられた。
引き上げられた機体は、旧海軍343航空隊に所属。終戦間近の昭和20年(1945)7月24日、豊後水道の上空でアメリカ軍と交戦したうちの1機だった。
館内には、紫電改に搭乗していたとされるパイロットの写真、機体とともに引き上げられた品々などが展示されている。特に、紫電改に関する貴重な資料、再現映像などは必見だ。前モデルの「紫電」は現存機がなく、紫電改は3機が米国に輸送され、スミソニアン航空宇宙博物館などに展示されている。日本国内ではこの紫電改展示館のみ。
入場無料、年末年始以外無休。紫電改をイメージしたTシャツ、「紫電改せんべい」などのお土産コーナーもある。

「えひめ南予博覧会」(仮称)が、愛媛県南部の南予地方で平成28年度(2016年度)に実施される。南予エリアのグルメや文化、歴史などを中心にさまざまなイベントが行われる。

紫電改展示館/南レクhttp://www.nanreku.jp/site/ainan/shidenkai-tenjikan.htmlいよ観ネットhttp://www.iyokannet.jp/
(Written by Aki Shikama)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【えひめ最新レポ】日本三大うかい 大洲・夏の風物詩「うかい」体験レポ
【えひめ最新レポ】日本最大級の珍スポット「羅漢穴」 地元人も知らなかった自然の宝庫
【EU旅レポ】フランス・パリ シャルルドゴール空港の「コンコルド」まで歩いて行った!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP