体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DANCE EARTH PARTY、The Skatalitesと三代目JSB 今市隆二とのコラボ作「BEAUTIFUL NAME」MV解禁

DANCE EARTH PARTY、The Skatalitesと三代目JSB 今市隆二とのコラボ作「BEAUTIFUL NAME」MV解禁

8月5日にリリースされるDANCE EARTH PARTYのシングル「BEAUTIFUL NAME」のミュージックビデオが公開された。

2006年にEXILE USAが企画したプロジェクトDANCE EARTH。そのDANCE EARTHの想いを伝え、感じてもらう一つの表現のカタチとして始まったDANCE EARTH PARTY。今年、EXILE USA 、EXILE TETSUYA、Dream Shizukaの3人がDANCE EARTH PARTYの正式メンバーとして今後活動していくことを発表。今作「BEAUTIFUL NAME」は、DANCE EARTH PARTY名義としては三作目、正式メンバー決定後の初のリリース作品となる。

ダンスは世界共通言語。ダンスでアースをハッピーにすることを目的として様々なアーティストとのコラボレーションを通して活動を展開させてきたDANCE EARTH PARTY。

今作は、スカの流行に大きな役割を果たしたと言われている活動歴50年を超える老舗スカバンドの「The Skatalites(ザ・スカタライツ)」がアレンジを、さらにゲストヴォーカルには「三代目J Soul Brothersの今市隆二」を迎えた、豪華キャストで贈る作品となっている。

国内だけでなく、世界のポピュラーソングとも言える、ゴダイゴの往年の名曲「ビューティフル・ネーム」をカバーした今作は、都内とニューヨークにて約2か月に亘り制作。

ゴダイゴの「ビューティフル・ネーム」をカバーした経緯についてEXILE USAは、
「この楽曲はものすごくピースフルで愛が溢れていて、DANCE EARTH PARTYの活動も世界中の子ども達と一緒にハッピーを共感することがテーマで、そのコンセプトがバッチリ重なった」とコメントを寄せた。

また、The Skatalites(ザ・スカタライツ)とのコラボに関して、EXILE USAがDANCE EARTHで世界中を旅してきた中で訪れた国の1つであるジャマイカで、彼らの魅力を知り、長年共演を切望してきたと言う。

さらに、今作でゲストヴォーカルとして参加している三代目J Soul Brothersのボーカル今市隆二は、
「以前からUSAさんにはDANCE EARTH PARTYの想いを聞かせて頂いていて、ダンスを通して、人と人を繋ぐ活動を素晴らしく思って、自分もヴォーカリストとして誰かの為に、人の為に何か出来ればとの思いが根底にあるので、同じ想いが通ずる部分が凄くあり今回のゲストに参加させて頂きました」と、本作に参加した経緯とその熱意を語った。

そんなDANCE EARTH PARTYのニューシングル「BEAUTIFUL NAME」。ミュージックビデオの見どころは、グラフィカルでポップな演出と、メンバーが200人の子供たちと一緒に踊るダンスシーンだ。ポップで美しい世界とDANCE EARTH PARTYが持つピースフルな世界が重なり表現された独自の世界観と、「子供から大人までダンスで世界中の人たちをつなげたい」という、DANCE EARTH PARTYの熱い思いが伝わってくる。

ミュージックビデオ撮影時には、普段はクールな魅力が光る三代目J Soul Brothersの今市隆二も、DANCE EARTH PARTYのメンバーと共に子供たちと終始戯れ、笑顔の絶えない現場だったという。この様子は、メイキングムービーでも見ることができる。

リリース情報
DANCE EARTH PARTY feat. The Skatalites+今市隆二 from 三代目 J Soul Brothers
シングル「BEAUTIFUL NAME」
2015年8月5日発売

(CD+DVD)RZCD-59946/B 1,800円+税

(CD)RZCD-59948 1,000円+税

関連リンク

DANCE EARTH PARTY OFFICIAL HPhttp://avex.jp/dep/
DANCE EARTH OFFICIAL HPhttp://www.dance-earth.com

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。