体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バンコクの奥にある「はだしのリゾート」ソネバキリに行ってみた

Yoko 「「ソネバキリ」がまるわかり!誰も知らない秘境のリゾート」より

Photo credit: Yoko「「ソネバキリ」がまるわかり!誰も知らない秘境のリゾート

TRiPORTライターのYOKOです。
東京からバンコクまでたったの6時間。その後セスナに乗り換え「エアポート」の島へ。そこからさらにモーターボートに乗ること5分。今回は、その先にあるリゾート「ソネバキリ」をご紹介します。ここは大自然の中で「自然にかえった」気持ちになれる、特別な場所なのです。

とにかくはだしが気持ちいい

海が荒れていないことを祈って、モーターボートに乗れば、辿り着くのは秘境のリゾート。ここソネバキリのコンセプトは「No News , No Shoes」。これはソネバキリが勧めるリゾートでの過ごし方です。「No shoes」というコンセプト通り、靴をはかずに島中を歩きまわることができます。

「No news」はテレビや新聞の情報等の日常生活から離れて過ごすという意味。なのでここではテレビはなし(正確にはあるのですが、DVD専用)です。でも、wifiはどこでもつながるのでインターネットは自由に使えます。

Yoko 「「ソネバキリ」がまるわかり!誰も知らない秘境のリゾート」より

Photo credit: Yoko「「ソネバキリ」がまるわかり!誰も知らない秘境のリゾート

日常から遠く離れたような大自然のリゾートにたどり着いたら、ルール通り靴は脱いでしまいましょう。慣れないのは最初のうちだけ。「郷に入っては郷に従え」という諺通りに過ごしてみてはいかがでしょうか。しっかりと整備されているので、はだしで歩いても怪我をする可能性はほとんどありません。

天気に左右される1日

Yoko 「「ソネバキリ」がまるわかり!誰も知らない秘境のリゾート」より

Photo credit: Yoko「「ソネバキリ」がまるわかり!誰も知らない秘境のリゾート

シュノーケルや景色が素敵な屋外レストランなど、筆者が予定していたアクティビティのほとんどは、あいにくの天気でナシになってしまいました。残念でしたが、ソネバキリではそんなことが気にならないくらい、のんびりした独特な時間が流れています。

Yoko 「「ソネバキリ」がまるわかり!誰も知らない秘境のリゾート」より

Photo credit: Yoko「「ソネバキリ」がまるわかり!誰も知らない秘境のリゾート

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。