ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

災害時の簡易トイレ 持ち運び用の袋とティッシュ付く商品も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本全国で地震が頻発し、東京・小笠原諸島と神奈川県では震度5強を記録。相次ぐ火山の噴火もあり、自然災害への備えが迫られている。か弱い女性が何を持って逃げればよいのか、本当に使えるアイテムは何なのか。危機管理アドバイザーの国崎信江さんに聞いた。

 水やガスが復旧するまで、衛生面やトイレの心配もある。

「2日以上トイレが使えない時は大便用も兼ねた簡易トイレが必須。排泄物を捨てる場所がない場合もあるので、ジッパーバッグがあるとにおい漏れ対策に。女性には特に強い味方になります」(国崎さん)

 衛生状態の悪さをカバーする災害用のトイレセット、マイレットmini-10(10回分。1944円/まいにち)は、袋を便器に敷いて排泄し、雑菌の繁殖を防ぐ抗菌性の粉末をかけて固める。持ち運び用の袋とティッシュが付く心遣いも◎。

 シートイレ(約50回分。3240円。編集部調べ/石崎資材)は、3~10回使える汚物袋1枚を便器に敷き、排泄したら吸水シートをかぶせて固める。シートが汚物を隠す。

 洗濯や入浴ができないことも多いので、使い捨てできるおりものシートを使い、生理用ナプキンも最低、1周期分は用意しておきたい。

「除菌タイプのシートなども手が洗えない中で重宝します。そのほか、粉塵が舞い上がりますから、目薬で目の汚れを洗い流したり、衛生グッズは被災生活が長くなるほど増やしたいアイテムです」(国崎さん)

 コンパクトおしぼりのジーツータム コインおしぼり(8個入。302円/ピースアンドキューズ)は、約10mlの水で膨張し、ウエットおしぼりに。抗菌・消臭効果を持つ。

 水が使えて洗濯ができたとしても、下着は干しにくいもの。ブラカップ付きインナーを1つ持っておくと、干す時に人目が気にならず重宝だ。

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本が先進国になれたのはトイレにこだわったからと風水師
秋葉原家電量販店 中国人爆買いで和式トイレ使用不可事件発生
自宅トイレの“座りション男性” 5年間で9.7%増加する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。