ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

照英 有吉、ゴルゴ松本との意外な交流明かす「刺激もらった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 鍛え抜かれた肉体を生かし、体を張ったバラエティーをはじめ、ドラマ、旅番組、育児情報番組のMCなど、タレント・俳優として幅広い活躍を見せる照英(41才)。20年に渡る芸能活動の中で築き上げた友人、恩人について、熱く語ってもらった。

――有吉弘行さんとは同い年で、仲がいいそうですね。

照英:そう、有吉とビビる大木と中村豪(やるせなす)がいるんですけど。その4人がゴルゴ松本さんにかわいがられていて。ゴルゴ会といって、ゴルゴ松本さんの家でカレーパーティーとか鍋パーティーとかをやっていたんです。

――照英さん以外、みなさん芸人さんですね。

照英:朝ドラの『まんてん』(NHK)に、ぼくもゴルゴさんも出ていて、そのときに声をかけてもらったんですよ。「俺は照英みたいな男くさい男好きなんだよ」って。27才のときでした。同じ埼玉出身ということもあって、飯食おうよって誘ってもらって。それでゴルゴさんの家に行ったら、有吉、大木、中村、石井康太(やるせなす)がいたんです。みんな、「ゴル兄(にい)、役者さんの友達って初めてじゃないですか」って言っていましたね。芸人さんばかりの中、自分がポンと入っていって。

 みんなお金もたいしてない。でも、年齢もほぼ一緒だったから「頑張ろうな」って言い合いながらね。昨年、『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)で有吉に会った時、「お前、良かったな。売れて」って。有吉に“お前”なんて言うの、芸能界であまりいないと思うんですけど。あいつがどん底に落ちている時に会っているから、うれしくてね。

――有吉さんが全然テレビに出てない頃ですよね。

照英:そうそう、昔は、猿岩石時代は頑張ってたなって話をしていて。「見てたよ」って言ったら、「そうなんだよ、あれは売れすぎて良くなかったよ」みたいなこと言ってたけど。這い上がってきてほんとよかった。

――当時の有吉さんは、どんな様子だったんですか?

照英:よく勉強していましたよ。みんなでご飯食べながら、「役者ってどんな感じなの?」とか聞いてきましたしね。自分を冷静に見ていたんじゃないかな。有吉は売れるべくして売れたと思いますよ。テレビでは毒舌吐いてるけど、プライベートでは毒なんて吐く人間じゃないですからね。すごく弱くて優しくて、淋しがり屋ですから。

 ぼくは芸人じゃないからジャンルは違いますけど、有吉たちに刺激をもらいました。みんなで「頑張っていこうな」って言える人間が、芸能界にいて良かったなって思います。

――ゴルゴ会は、今でもやっているんですか?

照英:やらなくなっちゃったんですよ、みんなが忙しくなって集まれなくなって。でもゴルゴさんは今でもつきあいがあって、家族同士というか、「お前ら頑張ってるか」って子供に喝を入れにきてくれるんですよ。すっごく兄貴肌です。14年のつきあいになりましたよね。

 バラエティーに出ると、ゴルゴさんはすぐ電話をくれて「照英、あのキャラ良いぞ、ブラすな!」って。芸人さんでトップを張ってる人だから、そういうアドバイスも言ってくれますよね。「あのキャラで行け! あれやられたら芸人勝てねえよ!」って。ぼくは芸人じゃないから、面白いことを本当はやらなくてもいいんだけど、「だから勝てない、ずるいっ」て。そう言われ続けるように頑張りますよ。有吉に「ずるいよな」って言われるくらいね。

――テレビで有吉さんは照英さんを、熱い男って言ってますね。

照英:「熱い男が来たよ、スタジオの気温が2、3度上がったよ」って言ってますよね。なぜかというと、20代で一緒に飲んでいた時から熱弁しちゃうから。弱音を吐くと、「なんだよ、しっかりしろよ!」とかって言ってたから、それを知ってるんですよ。みんなで本気になって飲んで、泣いて。

――ゴルゴ会のときはみんなで泣いてた?

照英:泣いてましたよ。ゴルゴ会に感謝してます。ゴルゴさんが結婚する前だったから、ゴルゴさん宅のリビングに集まるんです、毎日。近所だから、「今日やってるから来いよ」って誘われると、キックボードでよく行ってました。一緒に飲んだり騒いだりしていました。基本は男だけだったから、メンバーは。

――語って泣いて、まさに熱そうな会ですね。

照英:缶ビールをバーッと並べて。ゴルゴさんが作ったカレーか鍋しかないんです。自分たちが手伝おうとすると「そっから一歩も入るんじゃねえぞ、キッチンは俺の領域だ」と言って作らせてくれない。それが、ゴルゴさんの優しさなんです。気にしないで座って飲んどけってことなんですよね。ゴルゴさんが買って来てくれたであろう、冷えたビールケースも必ず置いてある。そういうことをあの兄貴はやるんです。ゴルゴさんの伝説を言うと、止まらないですね。

――みんなゴルゴさんが大好きなんですね。

照英:そう、それは今でも変わりませんよ。ゴルゴさんの結婚記念日には旅行券を持って行ったり、ルンバを持って行ったりとか。そんな品ものじゃ返せないくらいの恩をもらってるんです。飲み屋さんに行けば絶対にお金を出させてくれないしね、家に来る時でも子供のものを買ってきてくれたりとか。ゴルゴさんが人生のターニングポイントみたいな話になっちゃったけど、そんな感じですよ。有吉も大木も中村もそうだと思います。ゴルゴさんには自分を開花させてもらったというか、刺激をすごくもらった人です。

――熱いキャラといえば、松岡修造さんもよく知られていますね。

照英:松岡さんすごいね。スポーツの先輩でもあり、芸能界の先輩、年も先輩。松岡さんみたいになりたいね。あんなふうになれる勇気があるって大事だと思うんだよね。

――武井壮さんも、スポーツ熱血キャラですが。

照英:この間、飛行機に乗ったら、たまたま隣が武井さんだったんですよ。ビックリしました。陸上では、ひとつ先輩なんです。芸能界の中では自分のほうが先輩かもしれないけど、年が上だったら先輩なのでね。羽田から伊丹まで45分間、ずっと筋肉の話。「脚力って言うのはさあ」って、熱くるしい(笑い)。

――初対面で筋肉話を?

照英:陸上の日本選手権で会ってるんだけど、その武井さんと今の武井さんがリンクできてなかったから、会う機会がなかったんですよ。お弁当食べようと思ったら、「俺ね、揚げ物とか食べてないんだよ」ってすごいストイックでね。オリンピック目指してるって言ってました。頑張れたら東京オリンピックに出たいって言ってたけど、まずリオだって。本気で目指してました。すごいなと思ってね。

――照英さんは周りから刺激を受けながらも常に前向きですよね、そのパワーはどこからきてるんですか?

照英:怯えて生きてきたこともいっぱいあるんです。だからこそなんです。試合に負けて悔しい思いをして、嫌な思いして、お前じゃ芸能界生き残っていけないなと言われて、入る芸能事務所がなかったから自分で立ち上げて、やってきたりしている。悔しい思いをしているから、だから強さに変わるというかね。言葉で傷つけられたこともいっぱいあるしね。そういういろんな部分で、自分が落ちたことを知っているから、つらい、悔しい思いをしているから、それ以上に跳ね上がれるんだと思います。

【照英(しょうえい)】
1974年4月4日生まれ。埼玉県出身。学生時代は陸上競技・やり投げの選手として活躍。卒業後、ファッションモデルに転身し、ジョルジオ・アルマーニなどのショーに出演する。その後はテレビにフィールドを広げ、熱血キャラと頑丈な肉体を生かし、『筋肉番付』(TBS系)などの体を張ったバラエティーをはじめ、ドラマや旅番組、育児情報番組のMCなど、タレント・俳優として幅広く活躍している。7月初旬、オリジナルラインスタンプがクリエイターズスタンプで発売予定。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
麻生太郎氏 ベルリンの壁崩壊時にゴルゴ13終了心配していた
上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去
さいとう・たかを氏 ゴルゴ連載当初から最終回構想していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。