ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハリソン・フォードら集結『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』コミコン・プレゼンにファン6500人大熱狂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アメリカ最大級のカルチャーコンベンション【サンディエゴ・コミコン】が先日行われ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のプレゼンにJ・J・エイブラムス監督やハリソン・フォードらメインキャストたちが登壇した。

 本プレゼンは世界初公開となる3分30秒のメイキング映像からスタート。そこではCGやミニチュアに頼るだけでなく、実寸大のメカやクリーチャーを手間暇かけ、愛情をこめて製作している様が紹介されている。映像が終了すると、会場に集まったファン6500人から大きな拍手で出迎えられながら、監督やプロデューサー、新メインキャスト達らが登場。監督は「このような映画の場合、いつも多くのビジュアルエフェクトとグリーンバックが使われるんだが、今回は、“本物”に感じられるような映画を作ることが我々のキーポイントだった。“本物”っぽく見せることは、“本物”じゃないと不可能だから、映画の中で多く使われているビジュアルエフェクトはあるものの、セット、キャラクター、小道具を実際に作り、ポストプロダクションでCGで作るものも、実際に俳優たちが体験できるロケーションやキャラクターとの接触を現場に提供した。そのことで、他にもっと重要なことに力を注げるようにしたんだ」と、全てCGに頼るのではなく、本来の映画作りのやり方で撮影を進めていったことを告白した。

 またこの日、謎のキャラクター“カイロ・レン”はダークサイドであることが明らかになり、演じた米俳優アダム・ドライバーが登場した。アダムは、「撮影中は自分が演じた“悪”や“邪悪なもの”についての会話はしてない。単に“悪”と“正義”の差をどう考えるかが重要なんだ。そこがストーリーの大きなポイントなんだ」と、撮影を振り返った。ハックス将軍役のドーナル・グリーソンとキャプテン・ファズマ役のグウェンドリン・クリスティも登場し、悪役が初めて公式に紹介された場となった。

 そして最後に今年3月の飛行機事故以来初の公の登場となるハリソン・フォードが登壇すると、万雷の拍手が沸き起こった。ルーク、レイア、ハン・ソロを演じたマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードの3ショットが30年以上ぶりに実現し、3人が同じステージに立つ記念すべき瞬間に会場は大いに沸いた。

 プレゼン終了後には、会場近くのエンバカデロ・マリーナ・パークでサプライズ・コンサートが用意され、観客たちはキャストらと徒歩で会場まで移動。サンディエゴ・シンフォニーによる屋外コンサートでは、作曲家のジョン・ウィリアムズの紹介後、映画のテーマ曲が演奏された。最後に花火が打ち上げられ、熱狂と興奮の中、本プレゼンは幕を閉じた。

◎公開情報
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
2015年12月18日(金)より全国ロードショー
監督:J・J・エイブラムス
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

関連記事リンク(外部サイト)

ストームトルーパーの登場に園児たちも釘付け、『スター・ウォーズ』田植えがスタート
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、最新映像を解禁
赤い十字型ライトセーバーの人物は何者? 背中を向けた謎のキャラクター写真解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP