ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYの高層ビルから真下を眺めたら!?光の海に吸い込まれるフォト作品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高層ビルから眺める大都会の夜景…。でも、もし真下を見てみたら?

そんなことを考えたのは、著名な写真家であるNavid Baraty氏。

以前にも紹介したように、彼は少し変わった視点の持ち主。

NYの高層ビルにのぼり、630フィート(約192メートル)の高さから、自撮り棒やカメラを固定する器具などを用いることなく、撮影を敢行した。

現れたのは、実に美しい光の海。

地上の車や人間は識別できないほど小さく、人工的な直線や光を眺めていると、まるで吸い込まれそうな気分に…。

高所恐怖症の人には怖いだけかもしれないが、大都会の魔力を感じさせてくれる作品だ。

Navid Baraty Photography
http://www.navidbaraty.com/index.php

写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP