体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

致死率100%の感染症「狂犬病」旅先で野良犬に噛まれて

IMG_0728

Photo credit: Letizia Guarini「心が落ち着くチェンマイ

やあ皆さん! TRiPORTライターの末永泰三です。
旅行中、病気や怪我はしたくないものですよね。では、どうすれば防げるのか? 事前の対策も、起こってしまった後にどう対応するかも大切なポイントになってくるでしょう。今回は私の実体験、タイのチェンマイを旅行中に野良犬に噛まれた話を皆さんと共有し、ケーススタディができればと思います。

穏やかなチェンマイ…

チェンマイはレンガの城壁と掘に囲まれた旧市街、古いお寺と素朴な住宅が調和した町並み、のどかで懐かしい雰囲気の北部タイの人気観光地です。一方で、実は野良犬の多い町でもあります。完全な野良と言うより、地元の人達にはなついている半野良と言ったところでしょうか。路地やお寺など、いたるところに結構な頻度で犬がいます。暑い日中はダレていますが、朝夕夜は活発になり少し危険です。

そもそもマナー違反だった

さて犬はどこでしょう?─チェンマイ(筆者撮影)

野犬に噛まれるということの発端は、私がチェンマイに到着した翌朝、旧市街の中をジョギングしてしまったことにあります。通りを走っていましたが、走るついでにお寺も見てみようと、目についたお寺の境内の中へ、そのまま走って入ってしまったのです。特に深く考えずに…。後で気付いたことですが、タイのお寺は神聖な場所なので境内を走るのは完全なマナー違反。そもそも、やってはいけないことをやってしまっていたわけです…。

犬は吠えて仲間を呼び出す

photo credit: Vicious looking dog that could bite via photopin (license)

photo credit: Vicious looking dog that could bite via photopin (license)

境内に入った途端、犬が吠えながら一匹、二匹と寄ってきました。「ヤバい」と思っても、時すでに遅し。一匹が吠えたことによって、呼応するかのように他の犬もどんどん合流。私はあっという間に壁に追い詰められ、5匹以上の犬たちに完全に取り囲まれてしまいました。ここで私が得た教訓は「犬は仲間を呼ぶ」そして「数匹になると手が付けられない」ということ。先陣を切ってきた一匹が、私のふくらはぎをガブリ!

傷が腐ってきている?

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。