ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4K画質で360度撮影できるVR用カメラ「Sphericam 2」がスゴイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4K画質では、フルハイビジョンよりさらに美しい映像を楽しめる。その4K画質で周囲360度を撮影できるVR用のカメラが、資金調達サイトKickstarterに登場した。

カメラの名称は「Sphericam 2」。このカメラを使えば、プロでなくても高品質の360度VR用ビデオを制作できることになる。

・テニスボール大

Sphericam 2は水晶体のような形をしていて、テニスボールほどの大きさ。6つの4Kレンズを搭載し、それぞれのレンズがとらえた映像をシームレスにつなぎ合わせる。

撮影フレームレートは60fps、解像度は4096×2048となっている。また、マイク4つを内蔵していて、撮影した映像はOculusやSamsungなどのVRヘッドセットを使って楽しめる。

・ストリーミングも

Wi-Fiにも対応するので、撮影した映像をスマートフォンなどでリアルタイムにチェックしたり、シェアしたりできるのも便利だ。また、専用アプリ(iOS、Android)でコンテンツを編集することも可能となっている。

VRは、Youtubeが対応を始めたこともあり、急速に広がりを見せている。こうした、一般消費者向けのVR用カメラが登場し、今後さらに浸透しそうだ。

高性能・高品質だけあって、予定小売価格は1499ドルと高価。ただ、Kickstarterでは今なら1399ドルで入手することができる。

すでに目標額の15万ドルを達成しているので商品化は確実となった。キャンペーンは7月30日まで。

Sphericam 2/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP