体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「液体窒素」に手を突っ込む命知らずの男性が登場!その驚きの結果とは・・・

150713_leidenfrost-effect02

「絶対に真似をしてはいけない」。そんなメッセージから始まる動画に、言葉どおり信じられない光景が!

科学者と名乗るこの男性、実験の一環として自分の手を液体窒素の中に入れてみるという。そこには科学的な根拠があるようだがどうなるものか…。

問題のシーンは#2分45秒から。スチール製のバケツに液体窒素がなみなみと注がれており、男性が液体窒素に手を!

85singo_スクリーンショット 2015-07-13 11.33.19 85singo_スクリーンショット 2015-07-13 11.33.53 85singo_スクリーンショット 2015-07-13 10.56.41 85singo_スクリーンショット 2015-07-13 11.33.41 85singo_スクリーンショット 2015-07-13 11.39.14

 「うぉお!めちゃくちゃ冷たい!…けど、大丈夫だった」

とは本人の発言。それもそのはず、液体窒素の温度は-196度なのだ。冷たいどころの話ではない!しかし、どうやら手は無事のようだ。一体なぜ…。

ライデンフロスト効果

実はこの動画、冒頭から見てみると、その仕組が詳しく説明されている。その理論を知れば、何が起こっているのか理解できるはずだ。

例えば、水は温度の高い場所に落とすと蒸発する。しかし、一定の温度を超えた場合、水滴と温度差の高い物体の間に蒸発した空気の層が生まれる。そのため、水が消えずに水滴のように転がる現象が発生するのだ。これは、ライデンフロスト効果と呼ばれている。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。