ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ、ただ好きなだけの人ではなく、「称賛できる人」と付き合うべきなのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

結婚相手には、自分が尊敬できる人を選ぶべき。とはよく聞きますが、「Elite Daily」ライターPaul Hudson氏は、恋愛を長続きさせるには尊敬以上に、まずは「称賛できるような人とこそ付き合うべき」と強調します。上手くいっているカップルは、相手を誉め称えることができているんだとか。

恋愛を長続きさせるのに欠かせない感情が「愛」。では、愛とは何なのか?これは、最も答えづらい質問だろう。愛は、個人の主観による経験であり、人それぞれの解釈の仕方だから。
それは「考え」や「信念」、さらには「強い感情」も含んでいる。しかし、時間というものは時として愛の敵になり得るもの。同時に、愛は時とともに強く、深くなり、二人の個人の間に別世界のような強い絆を作ることもある。

もちろん、恋愛が上手くいくには理由がある。愛について100万通りの失敗があるけど、成功の秘訣はたったひとつだけ。愛は浅く純粋な感情から、お互いの感動や尊重を育み、そして賞賛に達する関係を意識していくことだ。

相手を称賛できないと
恋愛は長続きしない

相手を誉め称えるとき、私たちはその人のことを心から尊敬している。義務的な思いから他人やお年寄りなどを尊敬することもあるけれど、称賛はもっと個人的な感情。とくに恋愛においては、称賛なくして「永遠の愛」などいつになっても見出すことは出来ない。というのが私の考え方だ。
お互いへの称賛がなければ、関係も疲弊して長続きさせることも難しいだろう。次第に興味が薄れていくし、そうなれば当然心も移ろい、結果的に二人の関係はもろくも壊れていくはずだ。
もちろん、称賛だけでは恋愛を続けるには十分ではない。でも、それさえあれば、愛の炎を燃やし続けることもできるはず。

称賛は一方通行では駄目
お互いができる関係を築くこと

見返りを望むのと同じように、称賛もまた、一方通行では持続しない。親密な関係になり、相手にも与え、愛することを期待するようになる。愛し合っている二人なら、すでにリスペクトを持っているはずだが、その強さはカップルによっても様々だ。でも、じつは多くのカップルが感じる称賛は、ごく浅いもので、時には一方通行のこともある。パートナーを本気で尊敬することができ、同じように称賛されることを必要と感じること。これが出来るようになると、恋愛をよりリアルに感じ、長期的なサイクルをつくり出すことができる。

称賛にいたる過程が
恋人との絆を強くする

他には出来ないような方法で二人を結びつけるという意味で、称賛は本当に素晴らしいこと。もちろん、称賛だけですべてを変えられる訳ではないが、相手を誉め称えるまでにいたる過程こそが、恋人関係を素晴らしいものにしてくれる。なぜなら、人はお世辞で称賛することはなく、愛と同じように嘘をつけない感情だから。
人々が成し遂げた成果について誇りに思うのではなく、その人の強さや美しさ、知性や知恵を誇りに思うこと。恋人と時を過ごし、関わることによって感じるもの。称賛とは努力してするものではないはず、心から感じるものなのだから。恋愛が上手くいっている時ほど、相手を誉め称える言葉があふれるものだ。逆に恋愛が上手くいっていない時は、相手に対して感心することすら難しく、恋人が称賛に値しないとも思えてしまう。

恋愛関係を上手くすすめるのは確かに難しい。コツなんて一見なさそうだが、もちろん、その方法はきちんとあるのだ。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

「いい加減なところ」を叱ってくれる女性と付き合うべき理由7つ
彼氏と別れたい人が、今すぐに実行するべき「10のアクション」
読むのが辛い「恋愛論」が、アメリカで話題に!あなたが好きなのは「恋人ではなく、その人のイメージ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP