ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハードディスクより軽くて高速、静かで堅牢な「SSD」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「僕のノートパソコン、ハードディスクの代わりにSSDを積んでいるから、超快適だよ」などという同僚や友人の自慢を聞いたことはないだろうか。SSD――ソリッド・ステート・ドライブともいう。いわば大容量のメモリーカードだと思えばよい。ハードディスクの代わりをするために作られた、巨大なフラッシュメモリーなのだ。

ハードディスクのようにディスクの回転やヘッドの移動(シークという)などの物理的な動きがないので、その分、データのやりとりが非常に高速になる。PCの環境にもよるが、ハードディスクのおよそ2〜3倍ほどデータの読み取り・書き込みが高速になるといわれている。

また、モーターなどの機械的部品も無く、ほぼ半導体のみでできているので、静かで軽く、衝撃にも強い。データにアクセスするとき以外は電力を使わないので、低電力で発熱も少ない。まさにノートパソコンにはうってつけのストレージ(記憶装置)なのだ。

ハードディスクと同様、インターフェースもシリアルATAなので、多くのパソコンで簡単にハードディスクとの交換が可能だ。

難点は価格だ。大手の量販店を見てみると、2015年7月時点で500GBが3万円前後。1TBだと5万円以上になる。以前からすると、かなり価格が下がったとはいえ、同容量のハードディスクの3倍以上だ。また、現在、市販されているものの容量は1TBが上限で、2TBや4TBなどが当たり前になりつつあるハードディスクと比べると見劣りはする。

とはいえ、SSDに替えるだけで、システムの起動が素早くなり、パソコンが静かで軽くなることのメリットはやはり魅力的であり、ストレージとしてSSDをチョイスする人が増加中なのである。

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。