ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お部屋訪問】クリエイター・小鳥遊しほ編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

友だちの部屋に遊びに行くような感覚で、有名人の部屋に上がりこんでみたい……。そんな妄想から始まった当連載。第11回目の訪問先は、クリエイターの小鳥遊(たかなし)しほさんの部屋だ。

小鳥遊しほさんは、どんな部屋に住んでいるのだろうか?

●小鳥遊しほ
1988年7月6日生まれ。愛知県出身のクリエイター。講談社主催のオーディション「ミスiD2013」ファイナリストに選ばれ、イラストレーターやフードコーディネーターとしての活動をスタート。モデルとしても活動する傍ら、雑誌やネットコラムの連載、企業やアパレルブランドとのコラボレーションなど多方面で活躍する。

 

●「2年に1度のペースで引越します」


現在、小鳥遊さんは、都内の賃貸マンションに住んでいる。なんでも契約更新はせずに、2年に1度は引越しをするという大の引越し好き。過去には、下北沢や渋谷、学芸大学に住んでいたそうだ。今回、この部屋を選んだ決め手は?

「その時々で仕事の状況が変わるので、それに合わせて間取りを選びます。この部屋には1年前に越してきたのですが、イラストメインだったので、書斎のある部屋がいいなって。基本的に、デザイナーズやリノベーション物件が好きです。あと特に重視する点は、内装。料理撮影で使用するので、キッチンが広くてキレイなことが絶対条件ですね」

床には芝生が敷かれている

引越すたびにインテリアも買い替え、部屋のイメージをガラリと変えるらしい。今回は、どんな点にこだわったのだろうか?

「明るい色のフローリングが気分じゃなくて……。とりあえず、芝生を敷いてみました」

リビングのみならず、書斎やキッチンにも芝生が敷いてある。また以前住んでいた部屋は地下にあり、窓がなかったそうだ。その反動で、今回は日当たりのいい物件を選んだという。太陽と芝生、まさに公園のようなお部屋だ。

「床とカーテン、ソファーなどの大きな家具で部屋の印象が決まると思うんです。今回は芝生に合うよう、茶系の家具でそろえました」

 

●「週3~4日は飲み歩いて、部屋には帰ってきません(笑)」

日当たり良好の書斎で仕事がはかどりそうだが……?

個性的な小物も飾ってある

こんな素敵な部屋にもかかわらず、小鳥遊さんは週3~4日は飲み歩き、あまり自宅に帰って来ないのだとか。

「そのまま友だちの部屋とかで寝るので、週の半分はいないです(笑)。せっかく書斎のある部屋にしたのですが、仕事も自宅と外の半々。イラストを描くときは自宅で、コラムなどはカフェでやっています」

ちなみに小鳥遊さんは、さまざまな資格・検定の持ち主。美容師免許、調理師免許、フードコーディネーター検定、フードビジネスコーディネーター検定、色彩検定、ネイル検定、メイク検定を持っている。

「単に、自分の知識が増えるのが好きなんです。今は寝る前にハーブ検定の勉強をしています」

 

●「次はアイランド型のキッチンがいい」

今まで住んだ部屋で一番広いキッチンだそうだ

缶に入った香辛料が冷蔵庫にくっついている

フードコーディネーターとしても活躍する小鳥遊さん。ネット上には、得意料理はジャージャー麺とあるが?

「女子の得意料理って、オムライスとか洋食系が多いじゃないですか? でも、男子はシャレた洋食より中華とかのほうが喜ぶと思うんですよね。だからジャージャー麺を得意料理に。私、姑息なので(笑)」

「姑息なので」とほほ笑む小鳥遊さん。か、かわいい……

次はどんな部屋に住みたい?

「実は、もう引越したくてずっと探しているんです。ホームパーティーが好きなので、次はアイランド型のキッチンのある、リビングが広い部屋がいいですね」

これからクリエイターを目指して上京してくる人たちに、アドバイスはあるだろうか?

「寂しがり屋の人は、繁華街や交通の便が良いところに住んだほうがいいですよ。そういう街なら人が多くて寂しさも紛れるし、友だちも家に訪れやすくなります。私の部屋にも『ごはん食べさせて』『シャワー浴びさせて』とよく友だちが来てくれます。いつ人が泊まっていってもいいように、何人分かの歯ブラシやパジャマも用意してあります。皆さま、お待ちしております(笑)」

 

そんな小鳥遊しほさんが描いた初の書籍「くまっているのはボクなのに。 一問一頭」(KADOKAWA/中経出版)が発売中だ。読者のお悩みにくまったくんが答えてくれる、ゆるかわシュールなイラストとマンガが詰まった一冊。気になる人は、チェックしてみてはいかがだろうか?

(名久井梨香+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP