ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猫がかわいく撮れる5か条 午前中狙い目でフラッシュはオフに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

猫の写真集が次々発売され、ブログやツイッターではアイドル猫が続々と誕生…。でも、世界一かわいいのはうちのにゃんこに決まってる! わがままで気まぐれだけど憎めない、そんなわが家のにゃんこをかわいく撮る方法は? 雑誌『ねこのきもち』などの表紙を担当し、デボンレックスとシンガプーラのブリーダーとしても活動する猫写真家の石原さくらさんに、スマホで簡単にかわいく撮れるコツを教えてもらった。

 以下は、石原さんによる、かわいく撮るための5か条。

【1】午前中が狙い目
 太陽光が入る明るい室内で撮るとブレにくい。さらに朝は猫も元気なのでいい表情が撮れやすい。

【2】フラッシュはOFFに!!
 猫の目はフラッシュに弱い。スマホ&デジカメのフラッシュは撮る前にオフに設定しておく。

【3】猫の目の高さで撮る
 立ったまま撮影するより、姿勢を低くし猫の目線に合わせて撮ると、猫の表情がとらえやすい。

【4】光のマジックを利用
 猫の後ろや横から光が当たっている状態で撮影。ふわふわっとした毛の立体感が出る。

【5】猫の習性を知る
 ご飯を食べた後は顔を洗う、あくびをする…など、猫の習性を知っておくと決定的瞬間が撮れるかも。

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スマホを使って東京タワーの夜景を綺麗に撮る方法をプロ伝授
フラッシュマーケティングには早い決断と冷静な判断が必要
フラッシュ使用時光る犬の目 緑や青、ビーム発射することも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。