ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRとダンスミュージックの邂逅 新たな視覚/音楽体験イベント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「VR×DJ SPATIAL JOCKEY」
ヘッドマウントディスプレイ・Oculus Riftを使用したダンスミュージックイベント「VR×DJ Spatial Jockey」が、7月19日(日)に早稲田・音楽喫茶茶箱にて開催される。

イベントには、日本最大級のネットレーベル・Maltine Recordsを主宰するtomadさんや、寝室夢想家のキャッチフレーズで知られるアーティストのmus.hibaさん、音楽ユニット・§✝§のボーカルとしても活躍するセーラーかんな子さんが出演。

ヘッドマウントディスプレイで体験できるVR(ヴァーチャルリアリティ)空間をリアルタイムに操作するプラットフォーム「Spatial Jockey」を使用した、世界初のイベントになるとのこと。

Spatial Jockey from Psychic VR Lab on Vimeo.

新次元の映像体験!

「Spatial Jockey」は、VRを用いた技術の研究開発を行うラボラトリー・Psychic VR Labが開発した、バーチャル空間を生成するためのプラットフォーム。

SJと呼ばれるプレイヤーが、会場に用意される5台のOculus Riftに映るVR空間をリアルタイムにコントロールすることで、360度のVR空間を創出。

DJが鳴らす音楽の世界観を、VRによってより一層楽しめる視覚体験が可能になるという。

チケットは現在、イベント運営サービスを展開するPeatixにて販売中。価格は2,000円となっている。

引用元

VRとダンスミュージックの邂逅 新たな視覚/音楽体験イベント

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP