ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胸のドキドキが直に伝わる!心拍数測定デートアプリ「Hands-Free Tinder」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ発のデートアプリで、海外の独身スマホユーザーにはもう知らない人はいないほどメジャーになった、「Tinder」。

その定番アプリから、Apple Watchの心拍数センサーを使って“好き”、“嫌い”を伝える、新しい「Hands-Free Tinder」アプリが登場した。

・心拍数でブラウズする「Tinder」

まずは、普段の心拍数を測定。次にプロフィールをブラウズし始めると、心拍数が上がった写真を検出。

Apple Watchを触らなくても、「Hands-Free Tinder」が相手にマッチしたことを告げ、メッセージのやり取りができるようになる。

逆に心拍数が下がったり、同じ心拍数のままだと、“その相手は好みでない”とアプリが判断し、次々に違う人のプロフィールを表示する。

・デートアプリの“ドキドキ”を大切に

プロフィールをじっくり読んで“考える”のではなく、“ドキドキ”を大切にするというのがこのアプリの狙い。近日、iOSとAndroidバージョンが公開予定だ。

一見冷たい感じのするデジタル社会で、文字通り心の声を聞いて相手を選ぶ時代になるのかもしれない。

Hands-Free Tinder

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP