ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フライドポテトは摩天楼?世界の街を食べ物で表現したアートが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行の思い出を、あなたはどんなふうに心に刻むだろう?

各国を象徴するものとして自然と記憶されるのが、その街で見た建物や、口にした食事ではないだろうか。

イラストレーターのBen Crespoさんと、写真家のAndrea G Portolesさんは、そんな世界各国のランドマークである建物とブランチメニューをマリアージュさせたフォト作品を発表している。

例えば、パリはクロワッサン。中央にはエッフェル塔がスラリと伸びる。

本物の食べ物にペーパークラフトの建物を飾り、瀟洒なパリのイメージを小さな世界で表現している。

ブリュッセルは、ベルギーワッフル。

シュガーパウダーで街に雪を降らせるという演出も。


アテネの古代遺跡はヨーグルトに浮かび、なんとも幻想的。

ポルトガルのリスボンはエッグタルト。

大聖堂や4月25日橋も象徴的に配置されている。

アイルランドのダブリンは、黒ビールの泡の上に浮かぶカトリック教会が荘厳な雰囲気。

スペインのマドリッドは、チュロスとホットチョコレートの朝食定番メニュー。

太陽の門広場も繊細に再現されている。

東京は、やはり寿司。

浅草寺や東京タワーとともに、お台場のガンダムも見える。

brunchcityのサイトでは、他にも多くの作品が公開されている。

食と観光の世界旅行気分を味わえる注目のアートシリーズだ。

brunchcity
https://brunchcity.wordpress.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP