ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

民主党が自虐的公募キャンペーン開始 「休みはなくなる。収入は減る。しかも民主党」で人は集まるのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

民主党は7月3日より、国会および地方議会議員の候補者公募の第2弾を開始した。キャッチフレーズは「大補強2015-逸材公募」。特設サイトに自虐的ともとれるようなメッセージを掲げ、ネットの話題を集めている。

「休みはなくなる。批判にさらされる。からだはきつい。収入は減る。当選の保証なし。しかも民主党だ。それでも日本を救う気概があるなら、ぜひ応募を。」

玉木議員「今の民主党は、新入社員が入って来ない会社」

このメッセージの意味について、サイトには「もう一度政権交代可能な政党に変わるために、新しい民主党の中核を担う人物を公募する」という趣旨があるという。

特命人事部長を務める玉木雄一郎議員は、現在の民主党について「『新入社員が入って来ない会社』のような状況」と苦境を説明。求める人物像としては、

「さまざまな分野で、能力や見識や経験を積んで活躍しているエキスパートで、かつ、日本を救う気概がある“反骨の精神”を持つ人材」

という高い要件を掲げている。

現有の戦力ではすでに打ち手が尽きたと考えているのか、新しい戦力を公募に頼る民主党だが、ネットからは「自虐ネタでしか釣れない奴に魅力はない」「このセンスの無さが民主党」と冷めた意見も出ている。

あわせてよみたい:霞が関「ゆう活」の完全実施が早くも危機?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP