ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋優「福笑い」新MVに西田敏行、リリー・フランキーら友情出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンガーソングライターの高橋優がデビュー5年目にして初めて発表するベストアルバム「高橋優BEST 2009-2015 『笑う約束』」の発売を記念して、高橋優の代表曲である「福笑い」のミュージックビデオが2015年バージョンとして新たに完成した。

今回のベスト盤のタイトルに高橋優が『笑う約束』と名付けたように、高橋は“明日もっと笑えるように”という願いを込めてこれまで歌ってきた。高橋優が発表した作品(高橋優もしくは高橋乳として)はこれまでに85曲、そのうちの65曲に“笑”という文字を使い、“笑”の登場回数は実に185回を記録、高橋が使ったワード第一位がこの“笑”なのだ。その象徴とも言える楽曲が「福笑い」であり、今回2015年バージョンのMV制作につながった。

今回のMV監督池田晶紀氏は「“福笑いは写真そのモノでした”撮影と監督を担当しました。東京、沖縄、大阪、富山、新潟、宮城、秋田と各地を駆けめぐり、人が「ここいる」ところに会いにいきました。歌詞の中で、「誰かの笑顔につられるように こっちまで笑顔がうつる魔法のように」とあります。まさにそれを実践するカタチで、カメラを向け一緒に笑った時間です。このミュージッククリップを見た人が、また同じようにこの曲を聴きながら、つられて笑顔になってくれれば、という願いを込めてつくりました」とコメント。まさに「福笑い」の歌詞の世界を具現化した映像作品といえ、次から次へと笑顔の瞬間が映し出され、笑顔の連鎖で見ているこちらも思わず微笑んでしまうMVだ。

このMVにはのべ266人が登場し、一般の方の中に混じって高橋優に所縁のある方々も多数友情出演しており、2011年の風とロックで高橋優バンドがバックバンドを務めたことから親交が続いている西田敏行や「福笑い」というタイトルの名付け親であるTHE BACK HORNのドラム松田晋二、2011年のLIVE福島 風とロックSUPER野馬追で全6会場を高橋と共に出場した怒髪天、高橋優ファンを公言する光浦靖子、お笑い界からもマキタスポーツやエレキコミック、マンボウやしろ、モンブランズ、チーモンチョーチュウの菊地浩輔らが出演、他にも妊娠中の貴重な姿で登場の坂本美雨やコピーライターの糸井重里、高橋のプロデューサーであり「福笑い」誕生のきっかけを作った箭内道彦、さらにプラベートでも親交を深めるリリーフランキーら各界から多数の友情出演が実現、誰がどこで、どんな笑顔を見せているのか?注目して欲しい。

この「福笑い」も収録される初のベストアルバムには全シングル15曲の他、CD初収録曲4曲含む30曲が収録。初回限定盤には、「福笑い」がまさに生まれた瞬間などが収められた高橋デビュー後の5年間を追ったドキュメンタリーや今年3月Zepp Tokyoで行われた一夜限りのファンクラブ限定ライブから10曲、合計112分に及ぶファン必見のDVDが収録されている。

また、ベストアルバムの発売に先駆け、ダイジェスト版ともいえるレンタル限定のMIX CDが7/15にレンタル開始も決定!「福笑い」や昨年ドラマ主題歌としてヒットした「太陽と花」、そして最新シングル「明日はきっといい日になる」など、代表的な12曲をノンストップミックスで収録される。

このベストアルバムを発表後、いよいよ全国ライブツアー“高橋 優5th ANNIVERSARY LIVE TOUR「笑う約束」”の開催も決定。このツアーは、10月4日の福岡市民会館を皮切りに、12月6日の東京・日本武道館まで、12カ所13公演開催される。さらにベストアルバム発売の週末7月25日には高橋優の地元秋田でフリーイベントの開催が決定している。

高橋優「福笑い」MV2015

リリース情報
ベストアルバム「高橋優 BEST 2009-2015 『笑う約束』」
7月22日発売

初回限定盤(2CD+DVD):WPZL-31039/41 3,900円+税

通常盤(2CD)WPCL-12155/56 3,200円+税

関連リンク

高橋優 オフィシャルサイトhttp://www.takahashiyu.com/
高橋優 オフィシャルYouTubeチャンネル「TakahashiYuTube」http://www.youtube.com/takahashiyu
高橋優 オフィシャルFacebookhttp://www.facebook.com/takahashiyu.official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP