ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファーウェイ最新スマートバンドとタブレットの実力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月19日より発売されているスマートバンド「TalkBand B2」と、8月上旬以降に発売を予定しているSIMロックフリータブレット「MediaPad M2 8.0」」。おさらいと予習を兼ねてポイントを紹介。
TalkBand B2
TalkBand B2はiPhoneとAndroidのどちらでも使用可能なウェアラブルデバイス。スマートバンドとも呼ばれる本端末は各種センサーを内蔵しており、日常生活における消費カロリーや歩数、睡眠時間などの計測ができます。さらに、前機種にはなかったジャイロセンサーが搭載されたことにより、アクションをより正確に検知できるようになりました。

毎日腕にはめ身に着けるデバイスであるからこそ、使いやすさを重視。軽さと強度を保つために外装はアルミニウムを使用し、防水・防塵性能も備えています。前機種同様、ベルトから本体を取り外すことで、ヘッドセットとしても使用可能。価格はホワイトとブラックが17,258円、ゴールドが21,578円です。

機種名 TalkBand B2
対応OS Android 4.0以上 iOS 7.0以上
通信方式 Bluetooth 3.0
ディスプレイ 0.73 インチ(タッチパネル)
センサー 加速度センサー / ジャイロセンサー
連続使用時間 約5日間
充電時間 1.5時間
対応アプリ Huawei Wear(Huawei) UP Smart Coach(Jawbone)

対応アプリに目を向けると、ファーウェイ独自の記録アプリ「Huawei Wear」に加え、Jawboneのアプリ「UP Smart Coach」が使えるようになりました。Jawboneのアプリは、目標達成に向けたアドバイスや、新たな目標設定をしてくれます。前述した歩行や睡眠といったライフログ的な使い方に加え、本格的な運動のアシストもしてくれるのは嬉しいですね。

ファーウェイはスマホだけではなく、ファブレット・タブレット・スマートウォッチ・モバイルルーターと多様な製品を販売する端末メーカーとして、確固たるポジションを作りつつあります。今後、他社がどのような動きをするのか。SIMフリー端末のリーディング企業を巡る争いは、さらに激化することでしょう。

 

MediaPad M2 8.0 

8インチサイズタブレットの最新機種で、オクタコアCPUと4,800mAhバッテリーを搭載。前モデル「MediaPad M1」と比較するとCPU性能の向上と、RAMとROMの容量が増加しており、全体的にワンランクアップした印象です。

OSは最新バージョンであるAndroid 5.1を採用。これにより画面UIなどの改善が図られており、いままで以上に使いやすいモデルになっています。価格は42,984円。 

機種名 MediaPad M2 8.0
OS Android 5.1
CPU オクタコア(2.0GHz+1.5GHz)
RAM / ROM 2GB / 16GB
バッテリー容量 4,800mAh
画面サイズ 8.0インチ(1920×1200ドット)
メインカメラ / インカメラ 800万画素 / 200万画素
通信方式 GSM:850 / 900 / 1800 / 1900MHz UMTS:Band 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19 LTE:Band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 19 / 26 / 40 / 41
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
SIMカードサイズ micro SIM

MediaPad M2 8.0の受信可能バンドは、ドコモが1、3、19、21、ソフトバンクが1、3、8、28に対応しており、幅広いエリアでの利用が可能です。いわゆる「プラチナバンド」対応をしているのも嬉しいポイント。持ち歩きに最適なタブレットといえるでしょう。

 

※価格はすべて税込です。

(文:齊藤克久)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP